多くの人が思っていることですが…、

白髪の悩みって結構大きいですよね?

白髪が気になる年齢というのは男女平均で38歳頃と言われていますが、早い人は20代後半、30代前半頃から気になり始めます。

白髪があるだけで「老けて見える」、「くたびれているように感じる」、「ストレスを抱えていると思われる」といったイメージがあるでしょう。

そしてそのイメージは他人にも、そして自分にも向けられるイメージだと思います。

しかし、白髪染めを買おうにも…、

「商品が多すぎて分からない!」
「どういった白髪染めが自分に合っているの!?」
「値段はどのくらいするの!?」

などの疑問を持っているでしょう。

そこで提案したいのが、当サイト、染めチャオがおすすめする人気の白髪染めです。

なぜ、染めチャオがおすすめする白髪染めが良いのかというと…、

染めチャオでは白髪染めの人気ランキングはもちろん、口コミや評価なども掲載しているので、必ずやあなたに合った商品が見つかるはずです。

人は老いには抗えません。歳を重ねるごとに、徐々に、体に変化が出るのは当然です。

「でも、でも…、でも、」

「まだまだ若く見られたい」、「現役バリバリという感じを見せたい」、「老け込むにはまだ早い」

そう思う気持ち、多くの方が共感できることと思います。

…ある調査によると、白髪がなくなり綺麗に染め上げられた髪だと5歳程度若く見えるという調査結果もあります。

染めチャオで自分に合った白髪染めを見つけて、いつまでも若々しく、元気で、楽しい日々を送りませんか?
使ってみたい人気の白髪トリートメントおすすめランキングはコレだ! 染めチャオがおすすめしているのは、ただの白髪染めとは違います。

白髪を染める効果と同時に、染めることで髪を傷めない、トリートメント効果もある白髪染めをおすすめしているのです。

白髪染めでトリートメント効果?髪も頭部もいたわる!

A.従来、白髪染めとは「髪を染めるだけ」の事でした。

白髪染めのほとんどが、1剤(酸化染料やアルカリ剤)と2剤(酸化剤)の2つを混ぜて使い、髪のキューティクルを刺激し、髪の内部に色を入れ直す事で白髪を染めていました。

しかし、白髪染めトリートメントとは、天然素材の海藻エキスや植物エキス、髪をキレイに保つ美容液成分などが含まれており、髪も頭部もいたわり、傷めない白髪染めなのです。シャンプーの後に、トリートメント代わりに染めるタイプも多くあります。

従来の白髪染めとは何が違うの?髪に負担は?

A.従来の白髪染めは、髪のキューティクルをこじ開けて化学色素を浸透させる方法で、髪や頭皮に大きなダメージを与えていました。

特に、敏感肌やアトピー肌の方などは、かぶれやアレルギー反応が出てしまい、白髪染めを諦めるという選択肢しかない状態でした。

それ以外の方でも「上手く染まらない」、「ムラができる」、「しばらくしたらまた白髪が生えてくるので定期的に染める事が面倒くさい」など、悩みが尽きません。

それに、定期的に染める事により、髪が傷んでしまい、ボリュームがなくなり、若々しさがなくなってしまうなど、髪にとって大きな負担となってしまっていました。

白髪はなぜ生えてくる?酸化還元酵素の減少?

毛根 白髪のメカニズム

A.白髪とは、色素細胞の能力が衰え、毛髪の色素「メラニン」が消失した状態のことです。

毛髪にはもともと色はなく、毛皮質の中に沈着しているメラニン色素によって髪の色が決まります。

髪に色をつけているのは、「毛母細胞」の隙間に割り込むようにして存在しているメラノサイトというものです。

メラノサイトが色素を作りだす時に欠かせないのが、メラニン合成に係わる酸化還元酵素チロシナーゼ

チロシナーゼは老化や病気、ストレスなどで減少しやすい酵素なので、そういった要因から作り出される色素が減って髪の毛に色が定着しにくくなり、白髪が生まれてしまうというわけです。

その他、おすすめの白髪染め

商品名 匂い おすすめポイント 価格
ラサーナ ヘアカラートリートメント ラサーナ ヘアカラートリートメント シトラス&フローラルの香り 専用ブラシ&コーム付!
根本・生え際まで簡単にキレイに染まりまるカラートリートメントです。
3,024円
(税込)
レフィーネヘッドスパトリートメントカラー レフィーネヘッドスパトリートメントカラー 花のような香り 「癒して染める」レフィーネのヘッドスパも白髪染めもできる自信のある商品。マッサージによる「血行促進」と「頭皮の清浄化」で髪本来の美しさを引き出します。10種の天然成分と7種の養毛成分を配合。 3,600円
(税込)
エフキュアヘアカラートリートメント エフキュアヘアカラートリートメント 無臭 お風呂でたった5分!天然成分ももちろんの事、11種類のアミノ酸で傷んだ髪を集中ケア。チャ葉エキスやアルニカ花エキスなど、育毛もできる成分も入っていて、贅沢な白髪染めです。低刺激なので地肌にもやさしい。 3,456円
(税込)
くろめヘアカラートリートメント くろめヘアカラートリートメント 無臭 話題の「クロメ昆布」を使用!開発者自身肌が弱く、その家族もアトピーのため、敏感肌の人でも安心して使える白髪染めを開発。無添加無香料ので9つの美髪成分配合。仕上がりの色にも自信がある。 3,250円
(税込)
利尻カラーシャンプー 利尻カラーシャンプー 無臭 シャンプーを替えるだけで毎日キレイな髪色へ!
早くも大好評!1本で「洗う」+「染める」のかんたん白髪ケア!!
3,780円
(税込)
ミレットアップ ミレットアップ 髪専用の”飲むコラーゲン”!
白髪ケアのための3種類(ビオチン・フコイダイ・カキエキス)を配合!
8,640円
(税込)

日々開発される白髪染めで納得

開発
今や、一概に「白髪染め」と言っても、その種類は様々です。

研究に研究を重ね、白髪染めも日々、進歩しているのです。

まずは、どういった種類の白髪染めがあるのかを大まかに紹介したいと思います。

まず、よく耳にするヘアカラータイプです。

このタイプは、メラニン色素を分解することで脱色しながら髪の毛の内部にまで色を浸透させていく方法です。

ですから色づきがよく一度でしっかり染まり、色持ちも良いです。

次に、ヘアマニキュアタイプです。こちらは脱色はせず、髪の毛の表面だけに色を乗せていくタイプのものです。

その為、ヘアカラーよりも色づきや色持ちは劣りますが、髪や地肌へのダメージは少なくてすみます。

肌の弱い人はこちらの方が良いかもしれませんね。

さらにシャンプータイプのものもあります。

こちらは一番簡単で手間をかけることなく染められる方法です。

毎日の洗髪の際にシャンプーの代わりにこの白髪染めを使用します。

泡立ちもよく、放置時間も不要です。

ただし、毎日続けて使用しないとうまく染まらないので、その点がデメリットとして挙げられます。

最後に、トリートメントタイプです。

このタイプは、普段のシャンプーの後に、トリートメントを使う感覚で髪を染められます。

保湿成分が含まれていたり、無添加や天然素材を使った物もあるので、そういった商品を使えばアレルギー体質の人や妊娠中の人でも安心して使用できます。

ではもう少し詳しく見ていきましょう。

ヘアカラータイプの白髪染めの特徴


ヘアカラータイプの白髪染めは、黒髪用の染髪剤とほとんど同じようなやり方で白髪を染めていきます。

基本的には1剤と2剤というように、2種類の液体やクリーム状、ジェル状の薬剤を混ぜて髪に塗っていくものです。

近頃では、1剤と2剤を自分で混ぜることがない物、また、最初から混ぜてある物も増えてきました。

このタイプは、余った薬剤やボトルを次回で使える、残せるものもあります。

ヘラカラータイプは、溶剤に含まれているアルカリ剤で髪のキューティクルを開かせることで、髪の毛の色を抜いてから染めるという特徴があります。

その為、他のタイプの白髪染めよりもしっかり染まり、持続性があります。

商品の違いや個人差もあるとは思いますが、2ヶ月程度は色落ちしません。

ですから白髪を染める頻度が少なくて済み、経済的と言えます。

しかし、よく染まり安定している分、市販のヘアカラータイプの白髪染めは強い成分を使用している場合が多いです。

髪が傷んだり、頭皮を傷つけたり、匂いで具合が悪くなったりといったトラブルが発生してしまうケースもあります。

そういったトラブルを避ける為には、無添加の物や天然成分が配合されている商品など、自分にとってダメージの少ない商品を選ぶようにするといいでしょう。

匂いについても、無香料やいい香りがする商品も増えているんですよ。これなら、アレルギーの人や妊娠中でも安心して使えそうですね。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めの特徴


ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の色を抜くことなく、そのまま髪の表面を染めていくという方法で白髪を染めていきます。

その為、髪をコーティングしながら染めていくので、髪や地肌への負担も少なくて済みます。

キューティクルを開かないで染めることができるので、キューティクルが剥がれたりする心配も少ないです。

また、ヘアマニキュアタイプは植物性の原料や天然素材、無添加の成分が使われてることが多く、そういった成分を見ても髪に優しいということが分かりますよね。

しかも最近では、保湿成分が入っていてトリートメント効果のある嬉しい商品といったものも出ています。

そういった商品なら、白髪染めをしながらにして髪に潤いを与えたりツヤツヤな仕上がりが期待できますね。

さらに低刺激ということで、肌の弱い人、頭皮や髪にトラブルや悩みを抱えている人なんかは、このヘアマニキュアタイプを選ぶといいでしょう。

ただし、髪の毛の内側から染めるタイプや脱色した髪に色を乗せていくタイプと違い、こちらは髪の表面だけを染めるという染髪方法になりますので、色落ちしやすいというデメリットもあります。

他にも染めた後色が持続しないことや、染める回数、頻度が多くなるという点がマイナス点に挙げられます。

ですから、普段白髪染めをしない人でも、結婚式への参列や旅行などある特定の日や期間だけキレイに染まってくれてればいいという人には向いていると言えます。

シャンプータイプの白髪染めの特徴


シャンプータイプの白髪染めは、簡単に言うと、シャンプーの中に髪を染める成分が含まれていて、毎日使い続けることによって少しずつ白髪が染まっていくというものです。

つまり、普通に髪を洗うついでに白髪を染められる画期的な商品なんです。

シャンプータイプのメリットですが、これは何と言っても手軽で簡単ということです。

従来の白髪染めであれば、準備するものがあったり、手や顔が汚れる、匂いがあるなどがありますが、シャンプータイプであれば毎日の洗髪をしているだけで勝手に白髪が染まっていきます。

また、白髪染めを浸透させるための待つ時間を必要としないのもポイントで、忙しい方にはピッタリです。

一方、デメリットは色がつくのに少し時間がかかることです。

白髪染めシャンプーは少しずつ白髪を染めていくものなので、完全に染め上がるには1週間程度の時間がかかってしまいます。

つまり、「明日の外出のために白髪を染める」、「これから人と会うために身だしなみで染める」といった突発的な使い方ができないのです。

また、毎日使い続けることが前提なので通常の白髪染めと比べて、ややコストがかかります。

シャンプータイプの白髪染めは一見する、綺麗に染まるまでに時間とコストがかかるので厄介なものですが、実は髪や地肌に優しいという大きなメリットがあります。

通常の白髪染めは、基本的に髪を傷めてしまいますが、シャンプータイプのものはむしろ髪のコンディションを良くしてくれます。

ですから、髪のケアを重視する人にオススメです。

【男性にも人気】白髪染めシャンプー口コミランキング

トリートメントタイプの白髪染めの特徴


トリートメントタイプということで、他のタイプの商品よりも地肌や髪への負担は極力抑えられるという点が最大の魅力です。

他の魅力としては、シャンプーをした後に、一般的なヘアトリートメントを使うのと同じ感覚で使えるので、そういった手軽さも人気です。

また独特の嫌な匂いがなく、逆に最近ではいい匂いのする商品も多いので、お風呂場や洗面所などの狭い空間で使っても、匂いを気にせず利用できます。

染髪剤のあの匂いは、短時間でも継続的に吸ってしまうと気分が悪くなったり、目にしみてしまったりして、とても厄介です。

それがなく、いい匂いがするというのは、白髪染めの際の憂鬱な気分を変えてくれそうですね。

それに、今は昔よりもアレルギー体質の人が増えていますよね。

外部からのちょっとした刺激で湿疹や発疹が出たり、痒くなったり、赤くなったりして悩んでいる人も少なくないでしょう。

そういった人にこそトリートメントタイプの白髪染めは、有効です。

商品によって、香料や鉱物油、硫酸系界面活性剤などの添加物を使用していない物や、弱酸性の物、低アルコールの物など、髪や肌にやさしい商品が沢山発売されています。

美容院に行く時間やコストを考えても、自宅でこういった質の良い、安全な商品を使用することはメリットが多いと言えそうですね。

トリートメントタイプの白髪染め人気ランキング^^口コミで比較しチャオ♪

泡タイプの白髪染めの特徴


最近では泡タイプの白髪染めも存在感を増してきました。

市販されている泡タイプの白髪染めの仕組みは、混合剤を使って、元々閉じているキューティクルを開かせます。

開いたキューティクルのすき間から、染料(色)が入っていきます。

その際、過酸化水素が分解され、酸素を発生させるのです。

発生した酸素が、髪のメラニン色素を脱色し、同時に染料を発色します。

発色した染料は引っ付きあって、大きくなります。大きくなった染料はキューティクルのすき間から出られません。

そうすると、髪に染料が定着し、色が付くのです。

要約すると、髪の毛に泡タイプの白髪染めを付けると、泡が髪の毛を漂白します。そして髪の毛の黒の色素を抜き、全て白にするのです。

そして、白くなった所に黒や、選んだお好みの色を浸透させ白髪を目立たなくさせるのです。


泡タイプの白髪染めのメリットは、髪の毛の奥までしっかり染料が入るので、綺麗に染めることが出来ます。

クシやヘラなどを使わなくても、後頭部までムラなく泡を付けられます。

泡が髪の毛一本一本にしっかり密着してくれるので、液だれもしにくいです。

商品によっては、余った泡を残しておいて、次回使うことができるので、経済的です。

逆に泡タイプの白髪染めのデメリットは、慣れていないと、泡が飛び散ってしまう可能性があります。

飛び散った泡は、すぐに流せば問題ないのですが、時間が経つと洗い流しても色落ちしないことがあるので、要注意です。

髪の毛にしっかり着色させようとして、頭皮をこすりすぎると、髪の毛だけでなく、地肌へも負担がかかります。

生え際も、液だれの心配や、泡が地肌に付かないようにするので、染めにくいです。

また生え際に塗る際、地肌に付いてしまうと、なかなか色が落ちにくいことがあります。

泡タイプの白髪染めがおすすめの人は、自宅でヘアカラーをあまりしたことがないという白髪染め初心者の方です。

シャンプーをするのと同じような感覚で使用できるので、とても使いやすいです。

一度でしっかり染めることが出来ますし、ほとんどが20分程度の放置時間です。

また、泡を髪の毛にだけ付けるようにすると、頭皮への負担も少なく済みます。

白髪染め特有の、ツンと鼻にくる臭いが苦手な方も、匂いが改善されているものも多くあるので、おすすめです。

白髪染めをした後は、洗い流さないトリートメントを付けて髪の毛のケアをすると、色落ちを防ぐことが出来るので、染めた色を長く持たせることが出来ます。

髪や頭皮を傷めるものが多かった従来の白髪染め

まとめ

白髪染めって色々な種類がありますが、髪の毛に負担がかかるものもあるので、どんな種類があるのか、自分に合っているものなのかどうかを比較してみる事も大切です。

手軽に早く染まるということで、強い「薬剤」を使っている方も多いと思いますが、髪の毛や頭皮に強い刺激を与えてしまうのは良くないこともあります。

特に、肌が弱い方は、頭皮湿疹ができてしまい悩まされてしまうこともあります。

また、髪の毛が抜けやすくなったりしてしまうというケースもありますので、白髪染めを使う際には、気を付けた方がいいと思います。

最近は簡単に染める事ができるという泡タイプの白髪染めもありますが、ダメージが大きく、髪の毛がパサパサしたりして、ツヤもなくなってしまうので気を付けた方が良さそうです。

美容院なら安心だと思っている方も多いはずなんですが、同じような薬剤を使い、しかし、ダメージを与えてしまわないように施術しているという感じになりますから、使っているものは同じで「刺激の度合い」が違うというだけの話しなのです。

最近、人気の白髪染めはトリートメントタイプ

人気の白髪染め

しかし、近年人気のあるトリートメントタイプの白髪染めは、髪の毛や頭皮に負担をかけず、傷みを修復しながら白髪を染めることができます。

髪の毛を染めると傷むのが当たり前だと思っている方も多いんじゃないでしょうか?

最近では、トリートメントしながら黒く染まる白髪染めがありますので、試しに使ってみるといいでしょう。

市販の白髪染めだと、強い刺激で髪の毛を傷めてしまうこともあるのですが、トリートメントタイプの白髪染めなら、髪の毛にハリやコシを与えツヤツヤにしてくれます。

低刺激というのが大きな魅力となっていますが、洗髪しながらできるというのも魅力です。

シャンプーの後に通常の「トリートメント感覚」で白髪染めができます。

お風呂に入りながらできるので、服が汚れないように気を付ける必要がありません。

今までの白髪染めで傷んでしまった髪の毛も修復してくれるという魅力もありますので、人気のあるトリートメントタイプの白髪染めを使ってみるといいでしょう。

色が付かないと思っている方もいらっしゃるようですが、人気のある白髪染めトリートメントは、1回できちんと色が付きます。

市販の白髪染めに比べると、高いと思われてしまうようなんですが、白髪が目立ってきたらすぐに使えるという点も魅力的です。

白髪染めの選び方は、髪の毛に優しい成分であるかどうかが重要だと思いますので、これからは価格ではなく「品質」や「使いやすさ」で選んでみることをおすすめします。

今まで市販の白髪染めで髪の毛にダメージを与えていた方も、これからはダメージレスな白髪染めを使うようにしてみるといいでしょう。

沢山の種類があり、トリートメントタイプは染まらないという「先入観」をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう先入観は捨て、まずは試しに人気の白髪染めランキングから選んで使ってみて下さい。

白髪染めの口コミや評判をしっかりチェックして慎重に選ぶ!

白髪染め 口コミ 評判
「白髪染めのタイプには特にこだわらない」、「とにかく自分に合ったタイプの白髪染めが良い」という方もいますよね?

自分の理想の白髪染めを見たいと思ったら、口コミをチェックして、白髪染めの評判を確認することもおすすめの見つけ方です。

市販の白髪染めも、通販の白髪染めも、人気があるものが雑誌などで紹介されていたりするのですが、「使用感」や「仕上がり」がどうなのかという部分も気になるところだと思います。

色々な人から寄せられる口コミを参考にしながら、選んでみるといいでしょう。

肌に合うかどうかという事もありますから、慎重に選ぶ必要があります。

最近では情報収集をしてから、試すというのが当たり前の時代となっています。

「とりあえずこれでいいや」と適当に選ぶのではなく、髪の毛を傷めない白髪染めを選ぶ事が一番大切です。

価格で選ぶ方もいらっしゃいますが、髪の毛が痛んでしまえば続けて使用する事はできなくなってしまいます。

トリートメントしながら白髪が染まるという商品もありますので、髪の毛や頭皮に優しい成分の物を選ぶようにした方がいいでしょう。

自分に合った白髪染めを使おう


「白髪染めを使ってみたけど、思ったような結果が出せなかった…」

そんな経験をした事のある人は、多いと思います。

それは、自分で選び、購入したものではなく、選び方に問題があるのかもしれません。

美容室や理容室に行った時、「髪が硬い」もしくは「柔らかい」など、髪質について言われた事はありませんか?

人には「髪質」というものがあり、その髪質によって染まり方が違います。

例えば、一般的に、軟毛の人が染まりやすく、硬毛の人が染まりにくいと言われています。

軟毛というのは、読んで字の如く、柔らかい髪質を指します。

細くて柔らかい。猫っ毛と言う人もいますが、このような髪質の事です。

これに対し、硬毛とは、硬い髪質の事を指します。軟毛とは逆に、太くて硬い髪という事です。

また、軟毛はパーマがかかりやすく、硬毛はかかりにくいという特徴もあります。

それでは髪質に合わせて、具体的な選び方を見ていきましょう。

まず、白髪染めした後の色を明るめの色にしたいのか、暗めの色にしたいのか。そこから考えてみて下さい。

明るめの白髪染めをしたい場合、軟毛の人はイメージに合った色をそのまま選んで下さい。

硬毛の人は、イメージした色より1トーン明るい色を選びます。

暗めの白髪染めを考えている時はこの逆で、軟毛の人は希望の色より1トーン明るい色を。

硬毛の人は、希望した通りの色を選ぶ事になります。

また、白髪染めには黄味系と、赤味系があります。軟毛の人は黄味系を、そして硬毛の人は赤色系を使うと綺麗な染め上がりになります。

 

サイトマップ

サブコンテンツ