白髪を上手に染める4つのポイント

白髪を上手に染めるポイントは、本人の髪質と放置時間、室温、そして塗布量の4つです。

まず、髪質についてですが、一般に軟毛が染まりやすく、硬毛は染まりにくいと言われています。
軟毛の人は、使用説明書に書かれている所定の時間通り放置し、硬毛の人は所定の時間より少し長めに放置して染まり具合の様子を見ましょう。
説明書に書かれている放置時間が15分だったら20分にする等、5分程度長く放置するという事です。

次に室温ですが、大抵のメーカーは、室温が20~30度程度の環境での使用を前提としています。
空調などを上手に利用して、室温に気をつけて使用しましょう。
室温が高ければ染まりやすくなるので、もしかしたら少しばかり暑くても染まりやすい方が良い。
そう考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、物によっては商品の温度が高くなった状態で使用すると、発熱が起こる事もあります。
必ず温度は厳守して使用しましょう。

塗布する量ですが、白髪の多い部分やフェースラインは、染まりにくいと言われています。
位置によって塗る量を調整する事で、ムラが防げます。また、染まりにくい部分を先に塗る事で放置時間が長くなりますので、そうやって調整する方法もあります。

補足になりますが、髪の状態について説明します。
水分で薬液が流れたり、目に入る可能性がありますので、必ず乾いた髪の毛に使用して下さい。
頭皮や肌に付着しないようにしたい場合は、コームを頭皮に対し垂直に立てて塗ると良いでしょう。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ