白髪を染める前に必要なものを準備しよう!

準備

白髪染めをする際は、薬剤以外にも色々なアイテムを準備する必要があります。というのも薬剤の刺激は強いため、肌を守りながら髪の毛だけに塗布する必要があるためです。

まず、薬剤を弾く、コールドクリームなどの油性クリーム。肌の保護のために、生え際や耳の後ろなどに予め塗っておきましょう。美容室で使うような耳キャップがあればなお良いです。

肌の保護をしないで始めてしまうと、皮膚に付いた時とるのに苦労しますので、必ず肌の保護をしてから染めましょう。また、髪の毛の長い人は、肩や背中に薬剤が付着しやすいです。

そのため、ケープやタオル等を準備し、しっかりと肩や背中を覆っておきましょう。ゴムやピンなどで髪の毛をブロック状に分けておくと、染める時とても楽です。放置時間が過ぎたらシャンプーなどで洗い流すため、着脱しやすいように前開きの服装をしておく事も大事です。

次に、室内で準備するものを紹介します。白髪染めの薬剤は、一度付着するとなかなか取れません。そのため床にはビニールシート、もしくは新聞紙を敷いておくと床が汚れるのを防げます。

それから放置時間を計るために時計を置いておきます。薬剤を塗布しやすいように、大き目の鏡があると見ながら塗布できるので楽です。薬を塗ったブラシを置いておく場所や入れ物もあった方が良いでしょう。

そして忘れてはいけないのが手袋です。手袋は手を薬剤から守るために必ず必要です。大体は商品に同梱されていますが、もし入っていなかった場合は別に準備する必要があります。

調整

白髪染めをする時はパッチテストが重要

パッチテスト

肌が弱い方は白髪染めをするとき、かぶれてしまうんじゃないかと心配するはずなんですが、白髪染めの種類によっては刺激が強すぎるということもありますからパッチテストを行うことが重要となります。

肌が弱くない方、今までもかぶれたりしたことはないという方もいらっしゃいますが、その日の体調によっては刺激に敏感になっていたりすることもありますので、パッチテストは必ず行うようにしましょう。

刺激が強すぎて、頭皮がヒリヒリするという経験がある方もいらっしゃいますよね?刺激を感じるということは、それだけ強い薬剤を使っているわけですから頭皮に悪影響を与えていると言えるのです。

美容院なら大丈夫という方もいらっしゃいますが、体調によっては刺激を感じたりかぶれてしまうということもありますので気をつけなければなりません。

自宅で自分で白髪染めをする場合はパッチテストをし、赤くなったりかゆみが出たりしないかきちんと確認するようにしましょう。

パッチテストを行わずに白髪染めをして、頭皮がかぶれてしまい大変なことになったというケースもありますので、白髪染めが肌に合うかどうかしっかりと考えるようにしましょう。

キレイに白髪染めをするコツ

キレイに白髪染めをするコツ

白髪染めって自分でやるとキレイに染めることができないので、美容院に行っているという方も多いはずですが、自宅でもキレイに染めることは可能です。

使用する白髪染めの種類によっては、洗髪の際にトリートメントをするだけで染まるというものもありますから、面倒な準備や片付けも必要なく、ムラなくキレイに染めることができますからオススメされています。

白髪染めをする際、準備や片付けのことを考えると面倒になってしまうという方も多いはずです。使い勝手の良い白髪染めもたくさんありますので、手軽にできるものを選び、使ってみるといいでしょう。

自分で染めるとどうしてもムラになってしまうという方は、均等に塗れるようにコームを使うようにしてください。手でまんべんなく広げたらコームで均一にします。そうすると、塗り残しもなくなりますし、白髪染めの液はしっかりと髪になじんでくれます。

染まりが悪いところはたっぷりつけるという方もいらっしゃいますが、そうすると確実にムラになってしまいますので、染まりにくい部分は先に塗るという感じで対処するというのがキレイに染めるコツとなっていますので、これから白髪染めをしようと考えている方は、ぜひ試してみて下さい。

準備が必要ない白髪染めが活躍

準備が必要ない

自宅で白髪染めをする方にオススメされているのが、入浴時に簡単に使えるヘアカラートリートメントやシャンプーですが、洗髪しながら白髪が染められるなんて簡単だと思いませんか?

頭皮につかないようにしたりする必要もなく、簡単に白髪を染めることができるので、自宅染めをする方にとても人気があります。

自宅で染めるには、やはり手軽に染められるものの方がいいと考えるはずなので、今まで使っていたものと使い心地を比較してみるのもいいと思います。

白髪染めをするために、いろいろ準備するのも大変ですよね?

一般的な白髪染めは薬剤を塗って放置する時間が必要になりますが、肩に液がたれたりするのを心配しなければなりませんし、服についてしまうと落ちないという欠点がありますので、入浴しながら白髪染めができるという便利なものもあるので、まずは使用してみるといいでしょう。

トリートメントしながら白髪染めができるという商品は通販でも販売されていますし、ドラッグストアなどでも手軽に購入できるので、髪の毛を傷めず安心して使えるものを探してみるといいと思います。

白髪染めの薬剤がついたらどうする?

白髪染めをしていると、首元や耳の裏、こめかみなどに薬剤がついてしまうことがあります。コールドクリームなどで保護をしていても、薬剤がついてしまったらすぐに拭き取ることが大切です。

肌を保護していても、そのまま放置してしまうとシミになって落ちにくくなってしまう可能性はあります。白髪染めの薬剤は強ければ強いほど落ちにくいので、髪の毛以外についてしまったらすぐに拭き取りましょう。

拭き取る

白髪染めがついてしまったということで洗い流そうとする方もいらっしゃいますが、洗い流そうとしたら髪の毛まで濡らしてしまい、余計大変なことになったというケースもありますので注意が必要です。

肌についてしまった薬剤は、ティッシュで拭き取るだけで大丈夫なので、焦って洗い流すということはしないようにしましょう。

白髪染めの中には、低刺激のものもたくさんありますが、肌についても問題ないというものでもなるべくはつかないようにしたほうがいいと思います。

近頃人気がある白髪染めは、素手で使えるものもありますので、肌を保護するという意識は少なくなっているようなので肌が弱い方は、保護することに神経質にならなくてもいいものを使うというのもいい方法だと思います。

白髪染めをするときに必要なものあると便利♪

白髪染めをする際に必要なものといえば、薬剤を均等に塗布するためのコームや肩につかないようにするためのケープ、手袋、他にも髪の毛をまとめたり分けたりするのに必要なヘアクリップがあると便利です。

白髪染めをするときに必要なもの

肌の保護も重要となりますので、コールドクリームや耳につけるカバーも準備しましょう。

しっかりと薬剤が浸透するように頭全体を覆うという方法もオススメですので、ラップもあるといいですね。

服を着たまま白髪染めをする場合は、前開きの服じゃないと脱ぐときに服に薬剤がついてしまうことになるので、白髪染めをするときの服装は前開きということを忘れないようにしましょう。

また、薬剤で床を汚してしまう可能性がありますので、不要な新聞紙などを周りに敷くことも大切です。

使用するものとして一般的なものを挙げてみましたが、手袋やコームは白髪染めの薬剤とセットになっていることが多くなっていますので、白髪染めを購入するときにセット内容を確認しておくといいですね。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ