ストレスで白髪が増える

白髪が生えてしまう代表的な原因の1つは、加齢です。
日本人の髪の毛が黒いのは色素細胞(メラノサイトと言います)の働きによるものですが、年齢を重ねる事によってその役割が弱っていくと言われています。
また、「親が若い頃から白髪が生えやすかったため」という、遺伝が原因の場合もあります。
ただし、何故親から受け継いだ先天的な要素が白髪の原因になるのか?という事は統計的に見ると確率は高いのですが、その理由はまだ明らかになっていません。
他に食生活の偏りによる場合もあります。

ところで、「ストレスがたまると白髪が増える」という話があります。
どうしてそのような事が言われているのでしょうか?
これには、いくつかの説があります。

実は私たちの体は、ストレスを感じると筋肉が収縮し、血行が悪くなってしまう傾向があります。
血行が悪くなる事によって頭皮の血流も悪くなるため、髪を育てるのに必要な栄養素が運ばれにくくなります。
その結果、白髪が生えてきてしまう事になるのです。

また、メラノサイトは神経細胞ですので、精神的な影響を受けやすいという説もあります。
円形脱毛などは、その典型的な例でしょう。
そのため、「ストレスを感じることで白髪が増える」というのは、もはや科学的な根拠があると言う事ができます。

ストレスを感じる事で、食欲不振や内臓の機能低下。睡眠困難などを始めとした健康に害を及ぼしてしまう事はもはや周知の事実なので、普段からストレスはためないよう気をつける事が大切です。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ