白髪染めをする時には温度も注意しよう

白髪染めをする時は、温度に気をつける必要があります。
ヘアカラーやヘアマニキュアにも共通して言える事ですが、白髪染めは気温が低いと染まりにくく、気温が高ければ染まりやすいという特徴があります。
なぜ温度に左右されるのでしょうか?その理由は、白髪が染まるメカニズムにあります。
白髪染めの染料には、酸化剤が含まれています。その酸化剤が酵素を作り、化学反応を起こして髪を染めます。
温度が低いとその化学反応が鈍くなり、染まりにくくなってしまうのです。

それでは、白髪染めに適した温度とは何度でしょうか?
大抵の場合は、20~30度と言われています。それ以上温める必要はありません。
ほとんどの白髪染めは室温で染める事を前提に作られており、放置時間や髪色を設定しています。
そのため温めすぎると反応が速くなり過ぎて、思いもしなかった色調に染まったり、髪の毛や頭皮へのダメージが強くなるなど、マイナスの部分が強くなってきてしまいます。

また、地肌に近い部分は体温の影響がありますので、自然と温度が高くなります。
そのため体温の影響を受けない毛先部分を先に染めて、染まりやすい根元の部分を最後に塗布する。といった時間差で放置時間を調整するという方法もあります。

空調が使えないなど、室温が変えられない場合でも、諦めずに白髪染めを使う方法はあります。
放置時間を長めにしたり、短くしたりして調整をする。または、寒い日だったらシャワーキャップを被り、自分の体温を使って髪の毛を温めるという事も出来ます。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ