男性用と女性用の白髪染めの違いは何?量?成分?

違いは何?

男性用と女性用の白髪染めの違いはいくつかあります。その違いは、男性と女性の髪の毛の違いによるものが大きいでしょう。特に髪の長さ、固さ、染める色は男女で異なります。

まず髪の長さを見ると、男性は短髪の人がほとんどですが、女性はショートカットからロングヘアまで様々な長さの人がいますよね。ですから男性の染料は女性の物よりも量が少なくなっているんです。あるいは、ロングヘア用という初めから量が多く入ったタイプもあります。

そして髪の固さを見ると、男性は髪の毛が固めの人が多いそうです。逆に女性は髪の毛は男性よりも柔らかい場合が多いそうですよ。これも白髪染めに使われる成分に関係してきます。

さらに染める色に関しては、ブラック系が多いのが男性の特徴です。女性の場合はブラック、ブラウンを始めいろんな色の人がいます。ですから、女性用の白髪染めは比較的カラーバリエーションが多いんですよ。

また、髪が長い女性の場合は髪全体を染めるのが大変ですし、髪へのストレスも大きいでしょう。ですから最近ではシャンプーの後に手軽に使えるトリートメントタイプも増えています。

これなら洗髪をする感覚で染められますし、髪にいい成分が配合されているので髪ストレスの軽減効果も期待できます。それ以外にも、近頃は泡タイプの染料も人気で、こちらは液ダレの心配がなく髪全体に染料が行き渡るのがメリットとされています。

それに対して男性用の白髪染めは、短髪の人が多いので簡単で面倒が少ないタイプが多いようですね。

白髪染めに男性用女性用があるのはなぜ?

白髪染めには男性用と女性用がありますが、その違いは何なのかと疑問に思う方もいらっしゃいますが、髪の長さによって使用する染料の量が違うということが言えます。

白髪染めの成分が違うとなると、染まりやすいのはどっち?と気になってしまいますよね?同じメーカーのものであればそういう違いはありませんので、男性が女性用を使ったり、女性が男性用を使っても問題ないということになります。

毛が生える仕組みは男性も女性も同じです。毛質に違いがあることは確かですが、男性だから毛質が硬いとか、女性だから柔らかいということはありませんので、男性用と女性用で白髪染めの成分が違うということはありません。

白髪染めの種類

白髪染めの種類によっては成分が若干違いますが、刺激の強弱はしっかりとチェックして選ぶようにしたほうがいいですね。

肌が弱い方でも安心の白髪染めを選ぶことが大切です。頭皮や髪に刺激が強すぎるものもあり、白髪を染めるために髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうというようなケースもありますから気をつけましょう。

男性用の白髪染めの選び方

男性用の白髪染め

男性用の白髪染めはいろんな種類のものが販売されていますが、自分に合うものを選ぶことが大切です。髪の毛を染める成分は大きく分けて二種類で、髪の毛を脱色して色をつけるという仕組みのものと、髪の毛の表面に色をつけるタイプのものがあります。

男性でも髪の毛にダメージを与え、パサついてしまうのは避けたいはずなので、刺激の少ない無添加のヘアマニキュアタイプを選んでいただけれはいいと思います。マニキュアタイプにもいろいろ種類があり、最近はトリートメントしながら染まるという簡単なものもあるのでオススメです。

男女関係なく使用することができるので、家族みんなで使えてとても便利です。トリートメントタイプのヘアマニキュアは、白髪が気になるときに遣っていただければ表面を染めることができ、毎日使う必要はなく、色持ちも1週間から2週間ぐらいとなっていますので安心です。

無添加の白髪染めは天然成分で染めるという形になりますので、男性も白髪染めをするなら体に害がないものを選ぶよう意識してみるといいでしょう。

女性用の白髪染めはどんなものがいい?

白髪 女性

白髪を気にする女性は多いんですが、こまめに白髪染めをしないと恥ずかしいという方もいらっしゃいますよね?

白髪を染めるのも身だしなみのひとつと考えている方は、生え際に白髪が見え隠れするのも気になるはずですし、おしゃれを楽しめなくなったり、白髪があるおかげで自分に自信が持てなくなるというようなこともあると思いますので、白髪が生えたら髪の毛を傷めないようにこまめに染めることができる、ヘアマニキュアタイプの白髪染めを使用するといいでしょう。

ヘアカラートリートメントなら、特に何かを準備する必要もなく、入浴しながら使用することができますし、素手で使えるのでとても簡単です。

準備や片付けに手間がかかる白髪染めは使いにくくて困るという方も多いはずなので、これからはコストをかけずに自宅で白髪染めをしようと考える方も肌に優しいトリートメントタイプのものを選んでみるといいでしょう。

肌荒れすることもなく、髪の毛にダメージを与えることもありませんので安心して使えるという点でも魅力的です。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ