白髪染めの頻度・間隔はどれくらいが最適?

白髪はキレイに染めても、髪が伸びれば生え際から見え隠れするので困ります。
白髪染めの頻度や間隔については個人差がありますが、みんなはどれぐらいの頻度で染めているのかちょっと気になりますね?
白髪染めは髪が傷むのも気になるので、頻繁に染めるとなるとかなり不安です。
髪を傷めず染めるには、どのぐらいの頻度で染めるのが目安でしょうか?

白髪染めの必要性と使用頻度

白髪染めが必要になる年代と言えば、一般的に30代半ばから後半。
早い方は10代でも白髪に悩まされていますが、白髪染めをする事で髪の色を補うことは可能です。

白髪が生えるのは加齢が原因でもありますが、ストレスや生活習慣が関係している場合もあります。

■生活習慣
不規則な食生活や睡眠不足になると、栄養が行き届かなくなり白髪が増えます。

■ストレス
ストレスを感じると、頭皮の血管が収縮し、髪の毛に黒い色をつけるメラノサイトの活動ができなくなってしまうので、ストレスフリーの生活も重要!

■喫煙や紫外線
活性酸素が増えるのも白髪を増やす原因でもありますから、抗酸化作用のある栄養分を摂取し、規則正しい生活習慣を身に付けるよう心掛ける事が大切です。

白髪染めの頻度は人によって異なりますが、男性に比べて女性の方が頻繁に白髪染めをしています。
染めてもすぐ伸びるので、生え際の白髪が気になる方は、部分染め(リタッチ)の回数も頻繁に・・
そうなると髪や頭皮への負担が気になります。

オシャレを気遣う女性は、少しの白髪でも気になるはずなので、髪にダメージを与えず、間隔を空ける必要のない安全性の高い成分を使用した白髪染めを使うといいでしょう。
気になったらすぐ染めたい方も多いので、部分染めが可能な白髪染めの存在も重要!

白髪染めを自宅で行う頻度と間隔について

177103自宅で白髪染めをする場合は、ドラッグストアやコンビニなどで購入できる2剤式のヘアカラーを使用する方も多いのですが、即効性のある白髪染めは、強い薬剤を使用し、キューティクルを開いて色素を入れることになるので、頭皮や髪に負担がかかり、ダメージとして残ってしまうので、頻繁に使用する事はオススメできません。

使用頻度は平均的に2ヶ月に1回ぐらいの間隔で、少しずつ目立ってくる生え際の白髪に関しては、部分染めや白髪隠しで対処する形になります。

■髪が傷むのはイヤ
■時間がかかるのは困る
■頻繁に染めるのは面倒

こういう方も多いんじゃないでしょうか?
白髪は染めても髪が伸びれば、生え際から出てくるので気になったらすぐ染められる簡単な白髪染めを使いたいはず・・

シャンプーやトリートメントタイプなら、毎日使えるタイプがほとんどで、白髪染めの準備が必要なく、いつもの洗髪で白髪を目立たなくするからとても便利!

ムラなくキレイに染めることができる白髪染めや、セルフケアでも髪にダメージを与えない優しい成分の白髪染めを選ぶといいでしょう。

美容室で白髪染めをする頻度と間隔・色持ちや仕上がりについて

美容室白髪染めが必要になると、美容室でキレイに染めてもらうのもいいんですが、白髪が増えて染める間隔が狭くなってくると、経済的にも大変です・・

白髪が目立つたびに美容室でリタッチしてもらえば、仕上がりや色持ちには満足できます。

美容室で白髪染めをするメリット

  1. 髪にダメージを与えないように染めてくれる
  2. 準備や片付けが不要
  3. 衣類が汚れる心配がない

こういうことから、美容室での白髪染めをオススメする場合もあるのですが、どんなにキレイに染めても、髪の毛はすぐに伸びるので、生え際や根元の白髪が気になります。

少しの白髪でも気になる場合は、染める回数が頻繁になり、髪にも頭皮にも負担をかけることになり、さらにお金も時間もかかりますから本当に悩みどころです。

美容室を予約するとなると、無理して時間を合わせなければならない場合もあるので、すぐに白髪染めができないのもデメリットであり、すぐ施術してもらえたとしても、数時間かかってしまうと困るケースもありますので、時間をかけず、自分で手軽に使用できる低刺激タイプの白髪染めでケアする方法もあるので、髪に優しい白髪染めを探し、使用してみるのもオススメです。

白髪染めが必要な年代はいくつぐらい?使用頻度は違うの?

白髪染めをしている方の中には、周囲が気付かないような白髪をとても気にしている方もいますし、加齢による白髪の方ばかりではありません。

■遺伝性
■ストレス性
■生活習慣によるもの
■紫外線の影響

こういった原因があります。

加齢による白髪の場合は、30代後半ぐらいから少しずつ増えるんですが、10代・20代で若白髪に悩まされる方もいます。

年齢別で白髪染めの方法が変わるわけではありませんが、ヘアサロンで白髪染めをすると経済的に負担がかかってしまうこともあるので、誰でも簡単に自宅染めができる白髪染めを使ってみるのもオススメ!

白髪染めを使用する頻度については、髪が伸びるスピードによって違うので、白髪染めの方法や種類によっても異なります。

白髪があるだけで気持ちが沈んでしまう方も多いので、髪や頭皮にダメージを与えず、ムラなくキレイに染めて、色持ちのいい白髪染めを探してみるといいでしょう。
髪のダメージを修復する効果のある白髪染めも増えているので要チェック!

生え際の白髪を染める頻度は個人差あり!あなたはどれくらい?

白髪染めをしても、髪の毛は毎日数ミリずつ伸びるので、数週間もたてば生え際の白髪が気になります。

少しでも見えると気になる方は、すぐに全体を染めたり、部分染めをしたりするはずなんですが、白髪染めをする頻度は個人差があります。

美容室(または理容室)で頻繁に全体染めやリタッチをしてもらうとなると、経済的な負担も大きく、時間もかかるので、もっと簡単な方法で白髪染めをする事はできないのかと考える方も多いはずです。

ドラッグストアやコンビニで購入できる2剤式の白髪染めなら、短時間ですぐ染める事ができるので便利ですが、頭皮がヒリヒリしたり、刺激臭もありますし、準備や片付けが面倒だという問題点も・・(゚_゚i)

■汚れる
■ムラになる
■髪の毛が傷む
■肌が荒れる

本当にいろんな問題があるので、自宅で簡単に染めることができ、髪の悩みを解消できる人気の白髪染めにも注目!

髪の毛が伸びる早さは人それぞれですから、頻繁に白髪染めをしている方もダメージを与えず、髪を修復しながら白髪を染める事ができるトリートメントタイプの白髪染めもあり、毎日使えるタイプもあるので試しに使ってみるといいでしょう。

妊娠中の女性が白髪染めをする頻度

ninpu妊娠中の白髪染めは、母体や胎児への影響も気になるので、できるだけ控えた方がいいと思います。

妊娠中でもオシャレに気をつけたい女性は多いはずなんですが、白髪染めをする事によって体調を悪くしたり、アレルギー反応(かゆみ・かぶれ)が出るケースも・・
肌トラブルのない方が、妊娠中の白髪染めで過剰な反応が出てしまうケースもあるので注意が必要!

白髪染めに含まれている科学成分が皮膚に浸透し、毛細血管を通して様々な部分に運ばれますから、胎児に影響がないと言い切る事はできません!
美容室なら優しい白髪染めを使ってくれたりしますが、長時間の同じ体勢も身体への負担になりますから、気をつける必要があります。

白髪染めをしても、髪はすぐ伸びます(×_×)
2週間もたてば根元にチラホラ見えてくるので、気になると頻繁に染めなければならないと考える方もいますが、母体や胎児に負担がかかることを考えれば、妊娠中の白髪染めは控えるべきです!

白髪染めの種類によっては、天然成分配合・無添加の肌に優しいタイプがありますので、オシャレを気遣う女性は敏感肌でも安心な白髪染めを選んで使ってみるといいでしょう。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ