妊娠初期・妊娠中の白髪染めは何故いけない?

白髪があると老けて見られたり、疲れている印象になってしまったり、オシャレを楽しめなくなってしまうこともあるので、白髪染めをする方が多いんですが、妊娠中に白髪が増える事もあります。

妊娠

妊娠中に白髪が増える原因

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス(ストレスによる活性酸素の増加)や血行不良
  • 栄養不足

これらが原因で髪に栄養が行き渡らなくなるのです。
妊娠中は、赤ちゃんに栄養を送るのが優先されるので、白髪になりやすいのです。
白髪染めをするなら、低刺激性のものを選ぶようにしましょう。

強い薬剤を使用した白髪染めは、頭皮にも髪にもダメージを与え、刺激臭もあるので、つわりの有無に関係なく、体調が変化しやすい妊婦さんは気分が悪くなってしまう可能性もあります!

ホルモンバランスの乱れによって、肌が敏感になってしまうこともあるため、白髪染めによって頭皮がかぶれるケースもあるので、優しい成分のトリートメントタイプの白髪染めや無添加を選んでを使用するといいでしょう。

妊娠初期は大事な時期で肌も敏感

妊娠初期は、とても大事な時期なので、白髪染めで刺激を与えるのは良くありません。

白髪染めの刺激が赤ちゃんの成長に影響を与える可能性もゼロではありませんから、刺激のある白髪染めは使用を控えるべきです。

美容師も妊娠中は白髪染めはしないほうがいいと言うようですが、長時間同じ体勢のままなのも問題です。
妊婦さんは、お腹が大きくなると同じ体勢でいるのはキツイと感じる事が多いですし、肌も敏感になっている事があり、かぶれてしまうケースもあるので、白髪染めをするのは考えた方がいいと思います。

肌に優しい成分なら妊娠中でも白髪染めができる

妊娠中に白髪染めをするなら、肌に優しい成分を使用しているトリートメントタイプの白髪染めがオススメ!
トリートメントタイプの白髪染めランキング!
強い刺激がある白髪染めは使いたくないけど、白髪染めをしないわけにはいかないと考える方も、天然染料を使用した白髪染め用のトリートメントがあるので、試しに使用してみるといいでしょう。

お腹の赤ちゃんを心配して、白髪染めをしない方もいますが、トリートメントタイプの白髪染めなら安心だと思います。

トリートメント

天然成分を使用した白髪染めでも、植物にアレルギー反応を起こしてしまう方もいますから、どんなに優しい成分でも、敏感になっている妊娠中の女性は、使用前にパッチテストをしていただく事が重要です。

妊娠中の白髪染めがダメな理由まとめ

妊娠中の白髪染めは、おなかの赤ちゃんに悪影響だと思われているようですが、胎児への影響よりも、白髪染めの刺激やニオイ、美容室での体勢が問題です。

姿勢

白髪染めは、独特のニオイがあり、頭皮がヒリヒリしてしまう事もあります。
美容室なら妊娠中だと伝えることで、優しい成分の白髪染めを使ってくれる事もあるのですが、頭皮につけないようにしてもらう事も可能です。

長時間、同じ体勢で過ごすことになるので、お腹が大きい妊婦さんはキツイと思うので、美容室での白髪染めはお腹が大きくなる前がベストです。

自宅でのセルフケアなら、好きな体勢で過ごせるから安心です。
白髪染めも種類によっては、髪と頭皮をいたわりながら染めるトリートメントタイプもあるから、試しに使ってみましょう♪

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ