白髪を抜くと増えるって噂は本当?

本当?

白髪を見つけるとついつい抜きたくなってしまいます。
初めて白髪を発見した時は、びっくりして抜いてしまったり、まだまだそんな年齢じゃないのに・・と驚く方も多いはずです。

抜くと増える噂もあり、毛根にダメージを与えてしまうことも気になりますが一度見つけた白髪を放置する事はできません。
白髪は抜かず、染めるのが一番ですが、抜くと増える噂は本当でしょうか?

調整

白髪は抜くと増える

驚く

白髪を抜くと増えるという説は本当なら困ると思いませんか?
白髪はなんとなく目立ってしまうので、見つけたら抜きたくなるという気持ちはわかりますが、無理に力を加えて抜くという行為はよくありませんので、抜くと増えると考え、抜くのをやめるというのもいい方法かもしれません。

実際には、抜くと増えるということはないんですが、頭皮にも毛根にもダメージを与えてしまうことになりますから抜くのはやめたほうがいいということになります。
白髪というのは成長する際に、メラニン色素をつけられずに伸びてしまった髪の毛であり、ちゃんと成長している毛なので一本だけ目立って困るというような場合は、根元から切って対処するようにしましょう。

白髪は増えると、すべての白髪を切るというわけにはいきませんが、白髪染めで染めて隠すという方法もありますので、抜かないようにすることが大切です。
今まで抜くしか考えたことがなかったという方も、毛根を傷つけてしまえば薄毛につながる可能性も否定することができませんので、この機会に白髪はぬいてはいけないということをしっかりと理解していただきたいと思います。

白髪を抜くとどうなる?科学的な根拠は?

白髪を抜くと増えるという噂がありますが、科学的な根拠はありません。

白髪が気になり始めた時は、少しずつ増えている事が多く、新しく見つけて抜いたタイミングと再度見つけたタイミングが重なると、「抜いたせいで増えた」と錯覚してしまいますから、こういう噂となったのです。

白髪は抜いても増える事はありませんが、抜くと毛根にダメージを与えてしまうことになるので、気になっても抜いてはいけません。

ダメージ

白髪は、何らかの理由でメラニン色素を付ける事ができなかった髪の毛。
色がついていないだけでしっかりと成長しています。
正常なヘアサイクルは、成長期・退行期・休止期と繰り返されていて、成長中の髪の毛は、たとえ白髪であったとしても無理矢理抜くのではなく、退行期に抜け落ちるまで待ちましょう。

成長期の途中で抜いてしまうと毛根が死滅して活動しなくなり、二度と髪の毛が生えてこなくなり薄毛の原因となるケースもあるので抜くと増えるのではなく、薄毛になることを心配した方が良さそうです。

白髪を見つけた時の対処は抜くよりその都度切る!

切る

白髪があると、抜いたり染めたりすることを考えます。抜いてしまうと毛根にダメージを与えるため、染めることを検討する事もできますが、染めるほどの量ではない場合もあります。

探せば1~2本見つかるぐらいの本数だと、抜いてしまえ!と思うかもしれませんが、抜くのではなく、「切る」ようにしましょう。

根元から切ることによって、白髪は目立たなくなります。しばらくしたら伸びてきますから、その都度切ります。1本・2本と見つかる白髪なら、切って対処するのが一番です。

少ない白髪は抜くよりも隠す

白髪が生え始めると、年齢より老けて見られる事もあり、オシャレを楽しむ事もできなくなってしまいます。

得に女性は白髪が増えると気になりますから、白髪隠しをする方も多いはずです。
少ない白髪なら、サッと隠せる部分染め用の白髪染めもあるので悩みを解消する事ができます。

全体的な白髪ではなく、一部分だけの白髪の場合は、隠すのが一番簡単なので、部分染めができる白髪染めでケアするといいでしょう。

少ない白髪だと、抜いてしまった方が早いと考える方もいますが、抜くと毛根を破壊してしまう可能性もあるので、白髪染めを使いましょう。

白髪を抜くと薄毛になるから部分ケア

白髪を抜くと、毛根を傷めてしまい、薄毛(ハゲ)になってしまうこともあるため、抜かずに隠すのがオススメです。

スプレータイプの白髪隠しもあるので、こういう物を使って白髪ケアするといいでしょう。
白髪がある部分にスプレーするだけだから簡単です。

スプレー

少ない白髪は、全体を染める必要がないため、どう対処していいか迷ってしまう方も多いはずなんですが、部分的にケアする方法もあります。

今まで白髪を抜いていた方も、頭皮にダメージを与えないようにする事を最優先に考えましょう。

白髪を抜くとどうなるかのまとめとハゲになる心配

白髪を抜いたら増えるのではありません。
抜くと黒い髪だけになるので、また生えてくると増えていると錯覚するために「抜いたら増える」が噂になるのです。抜いたら増えるのは迷信であり、嘘ということになります。

抜くことが癖になり、やめられない方もいます。
気持ちいい・楽しい・スッキリすると言い、抜き続ければ、髪の毛が減り、薄毛(ハゲ)になることが心配です。白髪を抜くのは良くない事を理解し、頭皮にダメージを与えないように白髪を染めたり、隠したりするケアが必要となるのです。

少ない白髪は切るのが一番

白髪は年齢とともに増えますが、まだ若いのに大量の白髪に悩まされているという方もいらっしゃいます。遺伝が関係しているとなると、染めたりして対処しなければなりませんが、本数が少ないうちは根元から切ってしまうのが一番だと思います。

白髪は、ストレスや疲労が原因で増えてしまうこともありますが、少しずつ増えてくるのが一般的です。少ない白髪を隠すために、白髪染めに時間をかけたり、髪の毛にダメージを与えるというのはいいとは言えませんから、白髪が生えてきたら切るという方法が一番手っ取り早いので、切って目立たないようにしましょう。

日本人の真っ黒な髪の毛の中に、1本だけ白髪があると結構目立ってしまいます。見えない部分に生えているんじゃないかと気にする方もいらっしゃいますが、わざわざ探さなくてもいいと思います。

1本見つけたらもっとあるんじゃないか、これからどんどん増えるんじゃないかと不安になってしまう方もいらっしゃると思うんですが、白髪は見つけたら切るという方法で対処してみて下さい。

白髪を抜くと白髪が生えてこなくなる?

白髪は抜くと生えてこなくなると思っていませんか?抜けば生えてこなくなるなら、毛穴はふさがるんでしょうか?
黒い髪の毛に戻ると考える方もいらっしゃるかもしれませんが、白髪は抜いても同じところから白髪が生えてくるというのが一般的に知られています。

もしかしたら抜いたら次に生えてくる毛は白髪じゃないかもしれないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえそうだったとしても、無理な力を加えて抜くのはよくありません。

髪の毛というのは成長期・退行期・休止期という生え変わりのサイクルがありますので、自然に抜けるのを待つのが一番です。白髪として生えてきた毛も、そのうち抜けます。

抜け毛

抜けたあとに新しく生えてくる毛がしっかりとした黒色ということもありえないわけではありませんし、白髪を抜いてみたら根元は黒かったというようなこともありますので、抜かないようにしましょう。

白髪を抜けば黒髪が生えてくると思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、髪の毛を黒くするメラニン色素の働きが弱まってしまうと回復しないと言われていますので、白髪は抜いても次に生えてきても白髪ということになります。

白髪を抜くメリットは何?

白髪を見つけたら抜くという方は結構多いようですが、白髪を抜くメリットって何でしょうか?
無理に抜けば痛いはずですし、抜いてもまた次に生えてくるのは白髪ですから、抜く意味なんてないと思うんです。

白髪があると恥ずかしいという方もいらっしゃいますが、抜くことで悩みを解消することはできるんでしょうか?生えてきたら抜くの繰り返しで、ストレスを感じてしまうこともあるんじゃないでしょうか?

生えてくる白髪が1本だけならストレスにはならないかもしれませんが、どこかしらに生えてくるという感じになると、その都度抜くということ繰り返すのは精神的にもいいとは言えませんし、抜いて頭皮や毛根にダメージを与えてしまうのもよくありませんから、抜くということに何のメリットもないということを理解し、今まで白髪を抜けば生えてこなくなると思い込んでいた方も白髪は抜かず、美容室で白髪染めをしたり、自分で染めたりして紛らわせるようにするといいでしょう。

白髪を抜くのが楽しいという人の存在

楽しい

白髪を見つけては抜くのが楽しいという方もいらっしゃいます。ブチブチと抜くことに楽しさを感じてしまうと、やめたほうがいいといわれてもなかなかやめることができません。

白髪がなくなると、今度は黒い髪までも抜いてしまうという感じになってしまうようなので、白髪を抜くことに楽しいと感じてはいけません。髪の毛を抜くのが楽しいという方は、どんどん毛が薄くなってしまい、一部分だけハゲてしまう可能性もあります。

無意識のうちに抜いているという方もいらっしゃいますが、こういう癖は早めに直すようにしてください。白髪なら抜いてもいいと思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、白髪も他の黒髪と同じ健康な髪の毛です。

毛根から抜いてしまうということになると、頭皮にもいい影響を与えることはありませんので、白髪を抜くことに楽しさを感じないよう違うところに意識を向けるようにしたほうがいいですね。

白髪だけではなく、他の黒い髪をも抜いてしまう方は、髪の毛が薄くなってからやっとやめないといけないと気づかされるということもあると思います。

部分的に薄くなり、頭皮が見える状態になると恥ずかしい思いをすることになりますので、気をつけたいところです。

白髪を抜くのは痛い?痛くない?

白髪を抜いたことがない方は、白髪を抜く方に痛くないの?と思っていませんか?

痛くないから抜くのかな?と思っているかもしれませんが、白髪も普通の黒い髪と同じように生えていますから、引っ張って抜くと痛いのは当然です。

引っ張る

痛くないという方もいらっしゃるみたいですが、毛根が弱ってしまっている可能性もあります。白髪を引っ張って抜くと、気持ちいいという方もいらっしゃるようですが、痛いのに慣れてしまい、感覚が麻痺してしまっているのではないでしょうか?

抜くつもりはないけど、気付いたらつい抜いてしまっているという方もいらっしゃるかもしれませんが、抜けば髪の毛が生えてこなくなると考えていただければやめることができると思います。

白髪を抜くと、気持ちいいとかすっきりするという方もいらっしゃいますが、頭皮にも毛根
にもダメージを与えることになります。そんなこと全く気にせず抜き続けている方も、そのうち髪の毛が生えてこなくなります。髪の毛が薄くなって後悔しても遅いので、白髪を抜くというよくない行為は早くやめるようにしましょう。

白髪を抜く癖はどうやって直す?

白髪を抜くのが癖になっている方って結構多いと思います。抜かないと目立ってしまうという理由かもしれませんが、抜けばなくなるというわけではありませんし、抜いたところで何かいいことがあるというわけでもありませんので、抜く癖は直ちにやめるようにしましょう。

見た目を気にして抜いた方がいいと考える方もいるはずですが、白髪を抜く癖がついてしまうと、簡単にはやめることができなくなってしまいます。これから白髪が増えたら、どうするのでしょうか?

白髪がなくなるまで抜き続けるということはできないと思います。鏡があるとすぐに白髪を探してしまうという方は、白髪を探せなくするのが一番の方法ではないでしょうか?

白髪染めをすると、白髪がどこにあるのかわからなくなりますので、抜く癖を直すことはできると思います。白髪を抜く癖をどうにかしたいと考えいているなら、まずは白髪染めをしてみて下さい。

白髪が目立たなくなれば、若々しい印象になりますし、白髪を抜くということに時間をとられる必要もなくなりますので、気持ち的にも楽になるはずです。

白髪を抜き続けるとハゲる可能性が上がる

ハゲ

白髪は抜き続けていいものではありません。ちょっと目立つから・・という理由で抜いてしまえば、また発見したときに抜いて処理するという繰り返しになってしまうんじゃないでしょうか?

抜き続ければ、当たり前ですが髪の毛は少なくなってしまいます。白髪が多ければ多いほど、その本数を抜いてしまうわけですから、ハゲてしまうのは時間の問題ということになります。

白髪が後頭部に集中してできているという状態なら、後姿は見えないので気にせずに済むはずですが、一度白髪の存在に気付けば気になってしょうがないという状態になってしまいます。

しかし、見えない部分だからこそどうにかしたいと考えるんじゃないでしょうか?合わせ鏡をしたりして白髪を抜くのは大変ですので、抜くのではなく、白髪染めで対処するのが一番ベストな方法だと思いますので、抜くとハゲてしまうということをきちんと理解し、正しい対処法で白髪の悩みを改善するのが一番だと思います。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ