ヘアカラータイプの白髪染めの特徴

白髪染めのタイプの中には、ヘアカラータイプの物があります。
このタイプは、黒髪用の染髪剤とほとんど同じようなやり方で白髪を染めていきます。
基本的には1剤と2剤というように、2種類の液体やクリーム状やジェル状の薬剤を混ぜて髪に塗っていくんです。
ただし、近頃では1剤と2剤を自分で混ぜることがない物、最初から混ぜてある物も増えてきました。
この手のタイプは、余った薬剤やボトルを次回に繰り越せるという嬉しい物もあるんですよ。

そしてヘラカラータイプは、溶剤に含まれているアルカリ剤で髪のキューティクルを開かせることで、髪の毛の色を抜いてから染めるという特徴があります。
その為、他のタイプの白髪染めよりもしっかり染まり、持続性があります。
商品によっての違いや個人差もあるとは思いますが、2ヶ月は大丈夫でしょう。
ですから白髪を染める頻度が少なくて済み、経済的と言えます。

しかしよく染まり安定している分、市販のヘアカラータイプの白髪染めは強い成分を使用している場合が多いんです。
すると髪が傷んだり、頭皮を傷つけたり、臭いで具合が悪くなったりといったトラブルが発生してしまうケースもあります。

そういったトラブルを避ける為には、無添加の物や天然成分が配合されている物など、ダメージの少ない商品を選ぶようにするといいでしょう。
臭いについても、無香料やいい香りがする商品も増えているんですよ。
これなら、アレルギーの人や妊娠中でも安心して使えそうですね。

白髪染め ランキングTOPへ

関連した内容のページリスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ