自分に合った白髪染めを選んで若々しさ保ちましょう

みなさんは普段、どのような白髪染めを使用していますか?

「市販の白髪染めを使用している」

多くの方はこのように答えると思います。

実は、市販の白髪染めは刺激が強く、髪の毛や地肌を痛めてしまいます。

髪の毛や地肌が傷むと、老けた印象を与えてしまいます。

ですから、刺激が少なく、且つ、染色効果がある白髪染めがおすすめなのです。

髪を傷めない!おすすめの白髪染め比較

マイナチュレマイナチュレ利尻シャンプー利尻カラーシャンプークロエベール
白髪染めのタイプトリートメントタイプシャンプータイプ泡(ムース)タイプ
初回限定価格
(税込)
3,240円2,700円3,110円
染まり
具合
色持ち
刺激(低刺激)(低刺激)(低刺激)
補修力
待ち時間
公式
サイト
公式
サイト
公式
サイト

白髪染めはどういったタイプがあって、どういうメリット、デメリットがあるの?

今や、一概に「白髪染め」と言っても、その種類は様々です。

研究に研究を重ね、白髪染めも日々、良いものへと進歩しているのです。

まずは、どういった種類の白髪染めがあるのかを大まかに紹介したいと思います。

泡(ムース)タイプの白髪染めの特徴

泡タイプのメリット

  • 液だれの心配がない
  • 髪にまとわりつくので染まりやすい
泡タイプのデメリット

  • 色のムラが出やすい

泡タイプの白髪染めランキング

最近では泡タイプの白髪染めも存在感を増してきました。

市販されている泡タイプの白髪染めの仕組みは、混合剤を使って、元々閉じているキューティクルを開かせます。

開いたキューティクルのすき間から、染料(色)が入っていきます。

その際、過酸化水素が分解され、酸素を発生させるのです。

発生した酸素が、髪のメラニン色素を脱色し、同時に染料を発色します。

発色した染料は引っ付きあって、大きくなります。大きくなった染料はキューティクルのすき間から出られません。

そうすると、髪に染料が定着し、色が付くのです。

要約すると、髪の毛に泡タイプの白髪染めを付けると、泡が髪の毛を漂白します。そして髪の毛の黒の色素を抜き、全て白にするのです。

そして、白くなった所に黒や、選んだお好みの色を浸透させ白髪を目立たなくさせるのです。

泡タイプの白髪染めのメリットは、液だれもしにくい点です。

ですから、肩や体に白髪染めの成分が付く心配がありません。

また、クシやヘラなどを使わなくても、後頭部までムラなく泡を付けられます。

商品によっては、余った泡を残しておいて、次回使うことができるので、経済的です。

逆に泡タイプの白髪染めのデメリットは、慣れていないと、泡が飛び散ってしまう可能性があります。

飛び散った泡は、すぐに流せば問題ないのですが、時間が経つと洗い流しても色落ちしないことがあるので、要注意です。

泡タイプの白髪染めがおすすめの人は、自宅でヘアカラーをあまりしたことがないという白髪染め初心者の方です。

シャンプーをするのと同じような感覚で使用できるので、とても使いやすいです。

一度でしっかり染めることが出来ますし、ほとんどが20分程度の放置時間です。

また、泡を髪の毛にだけ付けるようにすると、頭皮への負担も少なく済みます。

白髪染め特有の、ツンと鼻にくる臭いが苦手な方も、匂いが改善されているものも多くあるので、おすすめです。

白髪染めをした後は、洗い流さないトリートメントを付けて髪の毛のケアをすると、色落ちを防ぐことが出来るので、染めた色を長く持たせることが出来ます。

染めちゃお!イチオシのクロエベール


クロエベール_濃く・うる艶髪

『泡(ムース)タイプ』ランキング

トリートメントタイプの白髪染めの特徴

トリートメントタイプのメリット

  • 髪や頭皮にやさしい
  • 準備に手間が掛からない
  • お風呂に入りながら染められる
トリートメントタイプのデメリット

  • キレイに染まるまでに回数や期間が必要
  • 一般的なトリートメントよりもコストがかかる

トリートメントタイプの白髪染めランキング

「トリートメント」タイプということで、地肌や髪への負担は極力抑えられるという点が最大の魅力です。

また、シャンプーをした後に、一般的なヘアトリートメントを使うのと同じ感覚で使えるので、そういった手軽さも人気です。

また、白髪染め独特の嫌な匂いがなく、最近では、逆に良い匂いのする商品も多いので、お風呂場や洗面所などの、狭い空間で使っても、匂いを気にせず利用できます。

従来の白髪染めの匂いは、短時間でも、継続的に吸ってしまうと気分が悪くなったり、目にしみてしまったりして、とても厄介です。

それがなく、良い匂いがするというのは、白髪染めの際の憂鬱な気分を変えてくれます。

また、アレルギー体質の人にもおすすめできます。

ちょっとした刺激で肌に湿疹や発疹が出たり、痒くなったり、赤くなったりして悩んでいる人も少なくないでしょう。

そういったアレルギーの人にもトリートメントタイプの白髪染めはおすすめです。

商品によって、香料や鉱物油、硫酸系界面活性剤などの添加物を使用していない物や、弱酸性の物、低アルコールの物など、髪や肌にやさしい商品が沢山発売されています。

美容院に行く時間やコストを考えても、自宅でこういった質の良い、安全な商品を使用することはメリットが多いと言えそうですね。

染めちゃお!イチオシのマイナチュレ

トリートメントタイプ白髪染め、マイナチュレ

マイナチュレ カラートリートメント

【公式】https://haircare-my-nature.jp/

ジアミン不使用

通常価格 4,298円(税込)+送料
定期コース初回限定価格 3,240円(税込)

白髪ケアはもちろん、ヘアケア、エイジングケア、スカルプケアも同時におこなう業界初のオールインワンカラートリートメントのマイナチュレ。
複数の効果があれば、染まりについて疑問を持つと思いますが、モニターアンケートの結果、96.1%の人がしっかりとした染まりを実感。
また、コスパの面から考えてもオールインワンヘアカラーは便利です☆

マイナチュレを使用した方の口コミ

  • 頭が痒くならない白髪染めです投稿者:女性、30代

    徐々に染まっていくので、いかにも前日髪を染めましたといった仕上がりにならず気に入っています。
    白髪染めを使うと頭がムズムズと痒くなってイライラすることもあったのですが、これはそういったトラブルがありませんでした。
  • 髪を傷めずに長持ちしました。投稿者:女性、40代

    白髪染めは、頻繁に使っていると髪が傷むし、お金もかかるしで悩んでいたのですが、マイナチュレを使ってからは一回で長持ちするので助かっています。
    また、傷んでいた髪もキレイになって大満足です。
  • 染まり、使用感ともに良好。でも…投稿者:女性、30代

    初めて使った白髪染めで髪が傷みまくってショックを受けていたところ、先輩ママにこちらをすすめられて使い始めました。
    使い始めてから指通りなめらかになり、しっかり染まってくれて色落ちもなかなかしないので満足していますが、もう少しお安くならないと使い続けるのは難しいです。

『トリートメントタイプ』ランキング

シャンプータイプの白髪染めの特徴

シャンプータイプのメリット

  • 髪や頭皮にやさしい
  • 準備に手間が掛からない
  • お風呂に入りながら染められる
シャンプータイプのデメリット

  • キレイに染まるまでに回数や期間が必要
  • 一般的なシャンプーよりもコストがかかる

シャンプータイプの白髪染めランキング

シャンプータイプの白髪染めは、簡単に言うと、シャンプーの中に髪を染める成分が含まれていて、毎日使い続けることによって少しずつ白髪が染まっていくというものです。

つまり、普通に髪を洗いつつ、白髪を染められる便利な商品です。

シャンプータイプのメリットですが、これは何と言っても手軽で簡単ということです。

従来の白髪染めであれば、準備するものがあったり、手や顔が汚れる、匂いがあるなどがありますが、シャンプータイプであれば毎日の洗髪をしているだけで勝手に白髪が染まっていきます。

また、白髪染めを浸透させるための待つ時間を必要としないのもポイントで、忙しい方にはピッタリです。

一方、デメリットは色がつくのに少し時間がかかることです。

白髪染めシャンプーは少しずつ白髪を染めていくものなので、完全に染め上がるには1週間程度の時間がかかってしまいます。

つまり、「明日の外出のために白髪を染める」、「これから人と会うために身だしなみで染める」といった突発的な使い方ができないのです。

※お出かけ前にサッとひとぬり!! → 利尻白髪かくし

また、毎日使い続けることが前提なので通常の白髪染めと比べて、ややコストがかかります。

シャンプータイプの白髪染めは一見する、綺麗に染まるまでに時間とコストがかかるので厄介なものですが、実は髪や地肌に優しいという大きなメリットがあります。

通常の白髪染めは、基本的に髪を傷めてしまいますが、シャンプータイプのものは、むしろ髪のコンディションを良くしてくれます。

ですから、髪のケアを重視する人にオススメです。

白髪予防、改善は誰でも意識したら変わる!白髪対策に役立つ4つの方法

シャンプータイプの利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー

【公式】https://www.sastty.com/

ジアミン不使用

通常価格 3,780円(税込)
初回限定キャンペーン 2,700円(税込)

毎日のシャンプーで白髪が染まる利尻カラーシャンプー。
ノンシリコン、無添加アミノ系シャンプーなので、洗髪しながらキレイの染めることができる。
天然利尻昆布、天然由来の27種のうるおい成分配合で髪や頭皮に優しい白髪染めです。
毎日使える安心のシャンプーです。

利尻カラーシャンプーを利用した方の口コミ

  • お風呂場で使えるので便利投稿者:女性、30代

    シャンプーとして使用することが出来るのでお風呂場で使用することが出来て非常に便利です。
    すぐに効果が出るものというよりかは、継続的に使用していく上で効果をだんだんと実感できるようになりますので、継続的な使用がおすすめです。
  • 色付きは弱いけれど自然な仕上がりです投稿者:女性、30代

    濡れた手で使えると書いてあり、楽そうだなと思っていました。
    最初、15分くらいおいていましたが、全然染まらないので30分待つようにしたら染まりが良くなりました。
    ヘアサロンでカラーしてもらった時みたいなハッキリした色ではないものの、私はそれが逆に自然で良いと思っています。
    ヘアサロンの代わりにはならなそうです。
  • 軋まないけれど染まりはゆっくり投稿者:女性、30代

    少しずつ白髪の増えていた私に、染めるより良いし、楽だからと母が勧めてくれました。
    色付けとなると軋むのではと心配していましたが、普通のシャンプーと変わらずしっとりした洗い上がりでした。
    1日2日では染まらず、繰り返して使っていたらほんのり黒くなってきました。
    気長に使える方でないと嫌になってしまうかもです。

『シャンプータイプ』ランキング

ヘアカラータイプの白髪染めの特徴

カラータイプのメリット

  • 色付きが良く、色持ちも良い
  • 一度の白髪染めでしっかりと染まる
カラータイプのデメリット

  • 髪や頭皮へのダメージが大きい
  • 刺激が強いのでアレルギー反応の可能性がある

ヘアカラータイプの白髪染めは、黒髪用の染髪剤とほとんど同じようなやり方で白髪を染めていきます。

基本的には、1剤と2剤といった2種類の液体やクリーム状、ジェル状の薬剤を混ぜて、髪に塗っていくものです。

最近では、既に1剤と2剤が混ぜてある商品も増えてきました。

このタイプは、余った薬剤や白髪染めボトルを次回で使える、残せるものでもあります。

ヘラカラータイプは、溶剤に含まれているアルカリ剤で髪のキューティクルを開かせることで、髪の毛の色を抜いてから染めるという特徴があります。

その為、他のタイプの白髪染めよりもしっかり染まり、持続性があります。

商品の違いや個人差もあるとは思いますが、2ヶ月程度は色落ちしません。

ですから白髪を染める頻度が少なくて済み、経済的と言えます。

しかし、市販のヘアカラータイプの白髪染めはよく染まり安定している分、刺激の強い成分を使用している場合が多いです。

髪が傷んだり、頭皮を傷つけたり、匂いで具合が悪くなったりといったトラブルが発生してしまうケースもあります。

そういったトラブルを避ける為には、無添加の物や天然成分が配合されている商品など、自分にとってダメージの少ない商品を選ぶようにするといいでしょう。

匂いについても、無香料やいい香りがする商品も増えているんですよ。これなら、アレルギーの人や妊娠中でも安心して使えそうですね。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めの特徴

ヘアマニキュアタイプのメリット

  • 髪の毛に対するダメージが少ない
  • 頭皮に付けないのでアレルギー反応の心配が少ない
ヘアマニキュアタイプのデメリット

  • 肌、皮膚に付くと取りにくい

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の色を抜くことなく、そのまま髪の表面を染めていくという方法で白髪を染めていきます。

その為、髪をコーティングしながら染めていくので、髪や地肌への負担も少なくて済みます。

キューティクルを開かないで染めることができるので、キューティクルが剥がれたりする心配も少ないです。

また、ヘアマニキュアタイプは植物性の原料や天然素材、無添加の成分が使われてることが多く、そういった成分を見ても髪に優しいということが分かりますよね。

しかも最近では、保湿成分が入っていて、トリートメント効果のある嬉しい商品といったものも出ています。

そういった商品なら、白髪染めをしながら、髪に潤いを与えたり、ツヤツヤな仕上がりが期待できますね。

さらに低刺激ということで、肌の弱い人、頭皮や髪にトラブルや悩みを抱えている人なんかは、このヘアマニキュアタイプを選ぶといいでしょう。

ただし、髪の毛の内側から染めるタイプや脱色した髪に色を乗せていくタイプと違い、こちらは髪の表面だけを染めるという染髪方法になりますので、色落ちしやすいというデメリットもあります。

その他にも、染めた後、色が持続しないことや、染める回数、頻度が多くなるという点がマイナス点に挙げられます。

ですから、普段白髪染めをしない人でも、結婚式への参列や旅行などある特定の日や期間だけキレイに染まってくれてればいいという人には向いていると言えます。

髪や頭皮を傷めるものが多かった従来の白髪染め

まとめ

白髪染めって色々な種類がありますが、髪の毛に負担がかかるものもあるので、どんな種類があるのか、自分に合っているものなのかどうかを比較してみる事も大切です。

手軽に早く染まるということで、強い「薬剤」を使っている方も多いと思いますが、髪の毛や頭皮に強い刺激を与えてしまうのは良くないこともあります。

特に、肌が弱い方は、頭皮湿疹ができてしまい悩まされてしまうこともあります。

また、髪の毛が抜けやすくなったりしてしまうというケースもありますので、白髪染めを使う際には、気を付けた方がいいと思います。

最近は簡単に染める事ができるという泡タイプの白髪染めもありますが、ダメージが大きく、髪の毛がパサパサしたりして、ツヤもなくなってしまうので気を付けた方が良さそうです。

美容院なら安心だと思っている方も多いはずなんですが、同じような薬剤を使い、しかし、ダメージを与えてしまわないように施術しているという感じになりますから、使っているものは同じで「刺激の度合い」が違うというだけの話しなのです。

最近、人気の白髪染めはトリートメントタイプ

人気の白髪染め

しかし、近年人気のあるトリートメントタイプの白髪染めは、髪の毛や頭皮に負担をかけず、傷みを修復しながら白髪を染めることができます。

髪の毛を染めると傷むのが当たり前だと思っている方も多いんじゃないでしょうか?

最近では、トリートメントしながら黒く染まる白髪染めがありますので、試しに使ってみるといいでしょう。

市販の白髪染めだと、強い刺激で髪の毛を傷めてしまうこともあるのですが、トリートメントタイプの白髪染めなら、髪の毛にハリやコシを与えツヤツヤにしてくれます。

低刺激というのが大きな魅力となっていますが、洗髪しながらできるというのも魅力です。

シャンプーの後に通常の「トリートメント感覚」で白髪染めができます。

お風呂に入りながらできるので、服が汚れないように気を付ける必要がありません。

今までの白髪染めで傷んでしまった髪の毛も修復してくれるという魅力もありますので、人気のあるトリートメントタイプの白髪染めを使ってみるといいでしょう。

色が付かないと思っている方もいらっしゃるようですが、人気のある白髪染めトリートメントは、1回できちんと色が付きます。

市販の白髪染めに比べると、高いと思われてしまうようなんですが、白髪が目立ってきたらすぐに使えるという点も魅力的です。

白髪染めの選び方は、髪の毛に優しい成分であるかどうかが重要だと思いますので、これからは価格ではなく「品質」や「使いやすさ」で選んでみることをおすすめします。

今まで市販の白髪染めで髪の毛にダメージを与えていた方も、これからはダメージレスな白髪染めを使うようにしてみるといいでしょう。

沢山の種類があり、トリートメントタイプは染まらないという「先入観」をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう先入観は捨て、まずは試しに人気の白髪染めランキングから選んで使ってみて下さい。

白髪染めの口コミや評判をしっかりチェックして慎重に選ぶ!

白髪染め 口コミ 評判
「白髪染めのタイプには特にこだわらない」、「とにかく自分に合ったタイプの白髪染めが良い」という方もいますよね?

自分の理想の白髪染めを見たいと思ったら、口コミをチェックして、白髪染めの評判を確認することもおすすめの見つけ方です。

市販の白髪染めも、通販の白髪染めも、人気があるものが雑誌などで紹介されていたりするのですが、「使用感」や「仕上がり」がどうなのかという部分も気になるところだと思います。

色々な人から寄せられる口コミを参考にしながら、選んでみるといいでしょう。

肌に合うかどうかという事もありますから、慎重に選ぶ必要があります。

最近では情報収集をしてから、試すというのが当たり前の時代となっています。

「とりあえずこれでいいや」と適当に選ぶのではなく、髪の毛を傷めない白髪染めを選ぶ事が一番大切です。

価格で選ぶ方もいらっしゃいますが、髪の毛が痛んでしまえば続けて使用する事はできなくなってしまいます。

トリートメントしながら白髪が染まるという商品もありますので、髪の毛や頭皮に優しい成分の物を選ぶようにした方がいいでしょう。

自分に合った白髪染めを使おう


「白髪染めを使ってみたけど、思ったような結果が出せなかった…」

そんな経験をした事のある人は、多いと思います。

それは、自分で選び、購入したものではなく、選び方に問題があるのかもしれません。

美容室や理容室に行った時、「髪が硬い」もしくは「柔らかい」など、髪質について言われた事はありませんか?

人には「髪質」というものがあり、その髪質によって染まり方が違います。

例えば、一般的に、軟毛の人が染まりやすく、硬毛の人が染まりにくいと言われています。

軟毛というのは、読んで字の如く、柔らかい髪質を指します。

細くて柔らかい。猫っ毛と言う人もいますが、このような髪質の事です。

これに対し、硬毛とは、硬い髪質の事を指します。軟毛とは逆に、太くて硬い髪という事です。

また、軟毛はパーマがかかりやすく、硬毛はかかりにくいという特徴もあります。

それでは髪質に合わせて、具体的な選び方を見ていきましょう。

まず、白髪染めした後の色を明るめの色にしたいのか、暗めの色にしたいのか。そこから考えてみて下さい。

明るめの白髪染めをしたい場合、軟毛の人はイメージに合った色をそのまま選んで下さい。

硬毛の人は、イメージした色より1トーン明るい色を選びます。

暗めの白髪染めを考えている時はこの逆で、軟毛の人は希望の色より1トーン明るい色を。

硬毛の人は、希望した通りの色を選ぶ事になります。

また、白髪染めには黄味系と、赤味系があります。軟毛の人は黄味系を、そして硬毛の人は赤色系を使うと綺麗な染め上がりになります。

定期便コースとはどういう意味??

白髪染め商品を選んでいると、定期便コースというものをよく目にすると思います。

定期便コースとは、1ヵ月や2ヵ月ごとに、自動で商品が送られてくるコースを言います。

選んだ商品を継続して使いたいけど、商品を使い切り、無くなると、またいちいち注文するのが面倒に感じたり、注文し忘れたりすることってありませんか?

そんな心配がある方は、定期便コースを利用してほしいと思います。

これなら、面倒もなく、注文し忘れることもないと思います。

購入者はお金を払うだけでいいです。

もちろん、条件を満たせば、休止や解約も可能です。(その商品によって様々な解約、休止の条件があります。)

また、商品によっては、送られてくる月間隔を変えられたり、支払い方法なども様々あるので、継続して続けたいという方には定期便コースがおすすめです。


サイトマップ

更新日:

Copyright© 【白髪染めおすすめランキング2018年版】タイプ別白髪染め比較-染めチャオ , 2018 All Rights Reserved.