肌が弱い人や敏感肌の人、さらにはアトピーやアレルギー体質の人。

そんな人は近年、昔よりも増えていると言われていいます。

でも、白髪染めを使いたいと思っている人は多いと思います。

しかし、白髪染めは基本的には刺激のある薬剤が使われていますよね。

その為、本来であれば、そういった人はなるべく市販の白髪染めを使わず、美容院などで施してもらった方が無難なのです。

…とは言え、美容院に行くのは時間も費用もかかりますので、自宅で自分で染めた方が良いと考える人もいますよね。

それでは肌が弱い人や敏感肌の人はどんな商品を使えばいいのでしょうか。

ルプルプヘアカラートリートメント
初回限定1本1,980円、2本定期便コース初回のみ1,620円
LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント

公式サイトを見る

肌が弱い方、敏感肌の方はどういった白髪染めが良いのか

まず一番重要なことは、負担の大きいヘアカラータイプは避けることです。

このタイプは1剤と2剤を混ぜて使う場合が多いのですが、脱色して、染色していくタイプなので肌の強い人でも地肌に悪影響を与える場合もあります。

ですから、それ以外のタイプを選びましょう。

次にチェックするべきところは、白髪染めで使われている成分です。

化学成分や薬品が多く使われている商品は、刺激が強く、髪だけでなく頭皮へのダメージも大きいです。

最悪の場合、全身に発疹ができてしまうケースもあるくらいですから、注意が必要です。

最近では、植物由来であるヘナという成分が使われている商品も出ていて注目されています。

しかし、その中で少しでも化学成分が含まれていれば、それが原因でアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

100%無添加の商品だとしても、合う合わないなどありますので、必ずパッチテストをしてから使用することが大切ですね。

低刺激より無刺激の白髪染めが良い

自然な素材にこだわる方は多くなっており、食べ物や、コスメ商品などでも人気が高いですが、白髪染めも天然由来の成分を使ったものなどが人気となっています。

天然素材を利用した白髪染め、髪を傷めずに白髪を染められることが人気の秘訣となっています。

「月に一度、サロンで、プロに手入れをしてもらっているから自分は問題ない」

そう考える人もいると思いますが、美容室などでも髪を傷める薬剤が使われていることもありますので、気を付けたほうがいいと思います。

もちろん、美容室によっては低刺激の薬剤が含まれている白髪染めを使っている所もあります。

しかし、こういった美容室は得てして高額です。

天然成分を使うということで、できるだけ髪を傷めずに白髪を染めることができるのですが、自分自身で手軽に染めることができれば、なお、良いですよね。

洗髪の際に手軽にできるトリートメンとが人気で、多くの方から絶賛されている商品がありますので、まずはこういう商品にも興味を持ってみてはいかがでしょうか。

女性にとって髪の毛は大事な存在です。

また、男性も白髪に悩む方は多いと思います。

刺激を与えると白髪どころか、抜け毛、薄毛の原因となってしまいます。

補修、保湿をしてくれるトリートメント系の白髪染めなら、低刺激ということで安心してお使いいただけるはずです。