白髪染め

白髪染めにも色々な種類があります。

全体的に白髪が生えていれば、髪の毛全体に白髪染めを馴染ませる必要があるので、「全体染め」となり、ヘアカラーやヘアマニキュア・ヘアカラートリートメントを使用します。

全体的に染める場合は、簡単にできるものが人気ですが、髪のダメージを考える事も大切です。

部分染めタイプのものは、全体染めをしたあとに伸びてきた部分だけを染めるものや、サッと塗るクリームタイプ、スレータイプもあり、お出かけ前に簡単に使えるからとても便利です。

白髪があって外出する気分になれない方も、部分染めならカンタンです♪

利尻白髪かくし
初回限定、1本1,839円

公式サイトを見る

髪の毛は少しずつ伸びているので、全体染めをしても数週間たてば、生え際に白髪が見えてきます。

その都度、白髪染めをするとなると、経済的にも大変ですし、髪や頭皮への負担も気になりますので、白髪染めが見え始めた場合は、部分染め用も使いながら対処しましょう。

抜け毛や薄毛が気になる方向けの白髪染め

部分染めなら、専用のコームが付いている事が多く、手を汚さずに使えるのでとても便利です。

また、部分染めをする手間を省くなら、毎日使えるヘアカラートリートメントもオススメです。

日々のヘアトリートメントと同じように使えるから、白髪があるとは思えないぐらい目立たなくなるので、生え際の白髪が気になる方は、使ってみて下さい。

白髪染めは毎回全体染めをする必要はない

必要はない

白髪が生えてくると、「どうにかしないと!!」と思い、隠したり、抜いたりすることを考えるはずですが、抜けば白髪がなくなるというわけではありません。

抜かずに染めるという方法で改善した方がいいです。

白髪染めをすると髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうという印象もあると思われますが、今はトリートメントしながら白髪を染めることができますので、髪が痛むことを気にする必要はありません。

部分染めなら生え際だけを染める感じになりますので、心配する必要は、ほぼないでしょう。

全体染めは1ヶ月に1回程度とし、ヘアカラートリートメントを使った白髪染めを1週間に1回という感じで定期的に行えば、白髪をキレイに隠すことができます。

白髪染めの頻度・間隔はどれくらい?

それでも見え隠れする白髪は、部分染めで対処するといいでしょう。

様々な種類の白髪染めがありますが、全体染めの場合、トリートメントタイプやヘアマニキュアなら、髪へのダメージは少なく、仕上がりはツヤのある髪になりますのでオススメです。

気になる部分に簡単ひと塗りで白髪を隠せる

外出する際に気付いた白髪をどうにか隠せないかと考えることもあるんじゃないでしょうか?

数本の白髪を隠すために、白髪染めに手間をかけるのは面倒くさいと思うこともあるでしょうが、白髪染めはスティックタイプのものもあり、白髪がある部分にひと塗りすることで解消することができます。

お出かけの間際に白髪に気付いたという感じになると、とても憂鬱になってしまいます。

抜いてしまえばいいのかもしれませんが、白髪は抜かないほうがいいので、スティックタイプの白髪染めを利用がおすすめです。

利尻白髪かくし
初回限定、1本1,839円

公式サイトを見る

しかし、デメリットも。

スティックタイプの白髪染めは、気になる部分にサッと塗って利用する、いわゆる急造のものです。

こういったタイプの白髪染めとなると、服についたり、簡単に色落ちする場合もあります。

また、雨に濡れたりしても、色が落ちてしまうので、天候が悪い日は気をつけなければなりません。

さらに、スポーツで汗をかいたりするときも、汗で色落ちしてしまうということもありますので、スティックタイプの白髪隠しを使うときは気をつけるようにしましょう。

白髪染めは頭皮にどんな影響を与える?

頻繁に白髪染めをすると、髪や頭皮に良くないという印象はありませんか?

強い薬剤で白髪染めをすると、頭皮にも悪いですし、髪の毛にもダメージを与えてしまうことになりますので、気をつけなければなりません。

男性はあまり気にしないかもしれませんが、女性は少しでも白髪が生えると「老けて」見られてしまうのでとても気にします。

白髪は白髪染めをして隠してしまうのが一番ですが、肌が弱い方は白髪染めで頭皮がかぶれたり、湿疹ができてしまうというケースもありますから、白髪染めの種類も慎重に選ばなければなりません。

美容院などで丁寧に白髪染めをしてもらっても、どうしてもかぶれてしまうという方は、肌に優しい低刺激のヘアカラートリートメントやヘアマニキュアを使用するといいんじゃないでしょうか?

強い薬剤を使用せず、天然成分で染めるという白髪染めなら安心して使うことができます。

しかし、天然成分で低刺激の白髪染めも、パッチテストをする必要があります。

肌が敏感な方は、低刺激でも肌が荒れてしまうことがありますので、使用前に必ずパッチテストをしましょう。

白髪染めでかぶれたりしたことがない方は、その日の体調によってはかぶれてしまったりすることもありますので、気をつける必要があります。

白髪染めの部分染めと全体染めのやり方の違い

トリートメント
自分でおこなう白髪染めの場合は、どこから塗布していけばいいのか気になりますよね?

まずは染まりにくい部分から塗布する場合が一般的ですが、全体染めと部分染めのやり方に大きな違いはありません。

襟足は染まりにくいといわれていますし、また、こめかみの辺りも染めにくいといわれていますので、こういう部分に注意しながら染めていくといいでしょう。

自分が気になる部分から先に染めていくのも良いと思います。

放置する時間も考えなければなりませんが、ムラになってしまわないように、まずは全体染めをして、日が経ち、目立ってきた所を部分染めをするという感じで対処するといいでしょう。

部分染めは、生え際から見えてくる白髪を隠すために行いますが、スティックタイプやマスカラタイプを使って、気になるときに隠すという感じでもいいでしょう。

その都度隠すのは面倒という方もいらっしゃいますが、そういう方にはトリートメントやシャンプータイプのものをオススメします。