もくじ

ヘナの白髪染めのおすすめランキングを紹介!

ヘナの白髪染めはお肌や髪に優しい成分なので、人気ですよね。たくさんの商品がある中、どれを選んだら良いかわからない、という人のためにおすすめのランキングを紹介していきたいと思います。

第一位!ナイアードヘナ

ヘナと天然ハーブ、木藍を混合して使用するヘナ白髪染めです。同じような商品の中でも特に口コミが多く、多くの人が使用している人気の品であることがわかります。独特のにおいがするのが気になるという声もありますが、使いやすくきれい染まると評判です。

第二位!マックヘナ

放置時間が30~40分ととても短いのが特徴です。染めた後に髪が傷まず満足度の高さに定評があります。カラーバリエーションが多く、好みの色にしやすいのもうれしい魅力です。

第三位!グリーンノートヘナ

使いやすく初心者でも上手に染められるということで、初めて使う人におすすめ。放置時間は1時間~2時間以上と長めですが、45分で染められるタイプも販売しています。価格が高めなので、他の商品にチェンジする人もちらほろ。

第四位!ジャパンヘナ

ヘナの白髪染めで気になる色落ちが少ないということで、選ぶ人も多いようです。ネット販売ではなく、サロンでの販売の方が主流なので、手に入りにくいというデメリットもあるみたいですね。

第五位!ピアの無添加ヘナ

無添加にこだわって作られていて、染まりもよく品質も確かです。匂いが気になることもなく、色持ちも良いと評判です。

自分に合った商品を見つけて!

白髪染めは、自分の肌や髪の毛との相性もありますから、口コミや人気度だけでは自分に合った商品を見つけることができません。ランキングも参考にしながらいろいろ試してみて、納得できるものを見つけてくださいね。

ヘナの白髪染めは天然成分(オーガニック)で無添加だから安心

ヘナの白髪染めを選ぶ人はどんなところに惹かれて使用するのでしょうか。魅力を紹介したいと思います。

天然成分(オーガニック)だから安心!

ヘアカラーに使われるカラーリング材って、とても刺激が強くて、髪や地肌に大きなダメージを与えてしまうんですよね。過去に髪を傷めてしまったという経験のある人は、少しでも優しくて安全の成分を求めることと思います。
そこで人気なのがヘナです。天然植物染料なので、科学的に作られた染髪剤よりも頭皮や髪に与える刺激は少なくて済みます。天然成分やオーガニックと聞くとそれだけで安心できるようなイメージがありますよね。
髪はいたわって大切にしてあげたいけれど、白髪が目立つヘアスタイルでいるのは嫌だという人にとっては試してみる価値のある方法だと思います。

無添加のものかどうかは要チェック

ヘナに惹かれる人の多くは、「無添加だから」ということを理由にしている人が多いと思います。でも、すべてのメーカーの商品がそうとは限りません。もちろん、オーガニックにこだわられて作られている白髪染めですから、無添加の商品もたくさんあります。
添加物が入っているということはそれだけ、お肌や髪に負担をかけてしまうということになりますからね。気になる商品の成分表や紹介ページなどで100パーセント無添加だといえるのかどうかチェックしてみてください。

天然成分で無添加なら安心!

ヘナの白髪染めは自然派志向の人にはぴったりだといえるのではないでしょうか。

ヘナの白髪染めは市販や楽天などの通販で購入可能

ヘナの白髪染めがほしいと思ったらどこで購入すればよいのでしょうか。美容院やサロンで販売していることもありますが、もっと気軽買えたらうれしいですよね。販売店について紹介していきたいと思います。

市販品もあるけど質が悪いこともあるので要注意

ドラッグストアなど気軽に購入できる市販品も結構あるんですよ。お手軽に手に入るので、誰でも試して見ようという気持ちになりやすいですよね。でも、他の市販のカラーリング剤と同じようなイメージで使うと失敗してしまうかもしれません。
市販で簡単に購入できる商品は質も悪く、無添加でない場合も多いです。ヘナ特有のにおいが気になってしまうという人もいれば、染めるための時間がとても長いので面倒だと感じる人もいるかもしれません。購入はドラッグストアよりも美容院やサロン、インターネット通販の方が質の良い商品がそろっているのでおすすめですよ。

インターネットの通信販売がとっても便利!

楽天を利用してネット通販をしたことのある人は多いと思います。気軽に購入できて便利ですよね。ヘナの白髪染めもインターネット通販で購入することができます。ネット限定の商品の場合、質が良く口コミの評価も高いものが多いので、口コミで人気度を確かめながら、どれを選ぶか決めると良いでしょう。まとめ買いで送料無料になったり、定期購入できる商品もあります。
ホームページを見れば、商品の詳しい成分配合やこだわり、他のメーカーのものとの違いなどをチェックすることができるので、選ぶ時の参考になりますよね。ドラッグストアよりもたくさんの種類の中から選ぶことができるのもおすすめポイントの一つです。

市販や通販を栄養してヘナの白髪染めを購入!

ヘナの白髪染めは、美容院やサロンで取り扱っているものを割高価格で購入しなくても、市販や、楽天などの通販で購入することが可能です。興味があるけれどどこで購入したらいいかわからない、という人も気軽にチャレンジしてみてくださいね。

ヘナで白髪染めをすると料金が安いからお得

白髪染めをするために美容院でカラーリングをするのって結構お金がかかりますよね。安くても6000円以上高いと1万円以上することもあります。コストがかかってしまうというのが美容室での毛染めのデメリットともいえます。ヘナの良いところは、料金が安いというところです。どれくらいの価格で染めることができるのかチェックしていきましょう。

自分で染めるなら1000円~3000円くらいが相場

インターネットの通販や市販品を利用して、自宅で染める場合は、1000円~3000円くらいが相場です。商品にもよりますが、大体が1000円以上2000円以下の商品ばかりです。色味を出したい場合は少しプラス料金にはなりますが、美容院やサロンで染めるよりも3倍近くも安くなるので、嬉しいですよね。

コストをかけずにお得に白髪ケアをするならヘナがおすすめ

一度ヘナで白髪染めをしてしまったら、もう通常のカラーリング材は使用できなくなってしまいます。だから、ちょっと勇気がいりますよね。でも白髪のケアは長期にわたり続いていきますから、少しでもコストの負担を減らしてお得に染めたいという人は思い切ってトライしてみてはいかがでしょうか。
白髪が少ないうちの方が上手に染められるので、気になりだしてきた時が決断の時といえるのかもしれません。

お得さと手軽さが人気の秘密

ヘナの白髪染めは、お得さと手軽さが人気の秘密です。自分で染めるという点で少し手間はかかってしまいますが、美容院に行くことを考えれば気軽ですよね。気になる方はぜひ試してみてくださいね。

ヘナの白髪染めはシャンプータイプやトリートメントタイプなど種類が様々

ヘナの白髪染めは自分で色を作ったり、時間がかかったりして、市販のカラーリング材に比べて一見面倒に思えますが、実はいろいろなタイプの種類があって、簡単に染めることができるものもたくさんあるんですよ。気軽に染められるタイプのものを紹介していきたいと思います。

シャンプータイプで毎日少しずつ染められる!

シャンプータイプの商品があるのをご存知でしょうか?毎日の洗髪の時にヘナシャンプーを使うだけで、少しずつムラなく染めていくことが可能なのです。髪の汚れを落として、清潔感を保ちながら表面を着色してくれるので頭皮や髪にダメージを与える心配がありません。特に白髪が気になる時には即効性がないので不向きかもしれませんが、毎日コツコツ若々しさのために何かしたいという人にはぴったりなのではないでしょうか。
使い方は簡単で、普通にシャンプーをするのと同じです。商品にもよりますが、仕上がりのカラーが選べるものもあるのでチェックしてみてくださいね。

トリートメントタイプはヘナは補修材として使われていることもあり!

ヘナを使用した白髪染めにはトリートメントタイプのものも販売されていますが、配合量には注意が必要です。ヘナは染料としてではなく、補修剤として使用されていて、染料は別の化学薬品ということもあります。髪の毛を傷めない方法で染めたいという人は、購入前に成分はチェックしましょうね。
使い方としては、髪に適量を塗ってしばらく時間をおいて、そのあとしっかり洗い流すのですが、その際に色落ちしてしまい、色の残り方が今一つな商品が多いです。商品によって染まり方や香りなどが異なるので、自分に合った商品が見つけられると良いですよね。

色々な種類からお気に入りを見つけましょう

ヘナの白髪染めには、色々なタイプの商品があります。中にはヘナを染料ではなくトリートメント剤として使用しているものもあるので、ヘナで染めたい!と思っている人は注意が必要ですよ。それぞれ比較しながらお気に入りを見つけてくださいね。

ヘナで白髪染めをしたら石鹸シャンプーで色が落ちる?

ヘナの白髪染めをすると、色落ちしてしまうというイメージがある人は多いですよね。確かに、染めた後に色が落ちやすいというのはデメリットの一つでもあります。色が落ちてしまうのを防ぐためにはどんなことに気を付けたらよいのでしょうか。

石鹸シャンプーの使用は避けましょう

ヘナはアルカリ性に弱く、色落ちしやすいとう性質を持っています。アルカリ性といえば石鹸シャンプー。泡立ちがよく、環境にも良いということで使用している人も多いと思います。でも、ヘナの白髪染めをしてしばらく、色が落ち着くまでは、使用は中止したほうが良いでしょう。せっかく白髪が染まっても、落ちてしまったらがっかりですよね。
シャンプーの洗浄成分の多くは弱酸性なのでアルカリ性の洗浄成分よりは色落ちしにくいですが、染めた後すぐシャンプーを使って髪の毛を洗うと、せっかく染まっていた色が落ちてしまうので、ヘナはペーストを水で洗い流す程度にしておきましょう。

色落ちを防ぐのにおすすめなのがお酢リンス

染め終わった後、ペーストを洗い落としたら、お酢を水で薄めたもので髪の毛をリンスすると、色落ちを防ぐことができます。何回か繰り返すうちに、洗い流したときの水の色が茶色から透明になっていき、色が落ちなくなっていくのを実感できるはずですよ。

ヘナの白髪染めには石鹸シャンプーは使わずお酢リンスで対応

ヘナの白髪染めをしたら、色落ちの原因となるアルカリ性の石鹸シャンプーは使わずに、お酢を水で薄めたお酢リンスをすると色が落ちるのを防ぐことができるのでおすすめですよ。

ヘナの白髪染めと利尻昆布はどっちがきれいに染まる?

ヘナの白髪染めと同じように天然成分の染髪料として、じわじわと人気が出てきているのが利尻昆布。どちらがきれいに染まるのか気になるところですよね。詳しく紹介していきたいと思います。

利尻昆布にはメリットがいっぱい

ヘナの白髪染めは、時間がかかることや、独特の刺激臭がすることなど色々なデメリットがありますが、利尻昆布はお肌への優しさのレベルはそのままに、デメリットをなくしたような染髪量だといえます。時間も短くてよいですし、シャンプーとして使うので、じっくり少しずつ染めていくのでムラができたり、自分で染めるのが難しいということもありません。価格は少し高めになりますが、トリートメント効果も抜群なので髪と頭皮の健康を考える人の多くに選ばれています。

染まり具合はどちらが上なの?

そこで気になるのがどちらがきれいに染まるのかという点ですよね。染まり具合にはやっぱり個人差があり、自分の髪質との相性もあるので、一概には言えませんが、しっかり染めるという意味ではヘナの方が上のようです。
利尻昆布は使用を進めていくうちにだんだん染まっていくタイプですが、白髪は白髪のまま茶色や黒に染まっているというイメージで、他の髪とはやっぱりよく見ると違いが分かってしまいます。目立たなくなる程度と考えておいた方が良いかもいしれませんね。

白髪が少ないうちに使用を開始するのがおすすめ

ヘナも利尻昆布も白髪がたくさんある髪にはあまり向いていません。少ないうちに使用するのが良いでしょう。量が多い場合や、しっかりほかの髪の毛と区別がつかなくなるくらいまで染めたいという人はやっぱり美容院でカラーリング材を使ってしっかり色を入れるのが良いと思います。

ヘナの白髪染めの使い方や染め方について

ヘナで白髪染めをするときには、正しい使い方をすれば自分でもサロン並みの仕上がりにすることが可能です。染め方のコツを紹介していきます。

必要なものを準備する

染髪量のほかに、必要なものをあらかじめ一か所にそろえておきます。染め始めてから色々準備すると、焦ったり、失敗する原因になるので準備はぬかりなく行いましょう。
家庭用の計量器、計量カップ、泡だて器、サランラップ、ハケ、ゴム手袋を用意して並べます。また、美容院で使うアプリケーターと呼ばれるものがあると時間の短縮にもなりますし、とても便利です。百円ショップなどのドレッシングボトルなどでも代用できます。

ヘナを溶かす

ゴム手袋を装着して、ヘナをお湯で溶かします。40~50度くらいのお湯で溶かすのがポイントです。乾いた髪に塗るなら少し柔らか目に溶かすのが良いでしょう。粉末が溶けたら、アプリケーターに流しいれます。

髪にまんべんなく塗布

アプリケーターの中に入っているヘナをまんべんなく髪の毛に塗布していきます。髪はいくつかのパーツに分けておくと染めやすいですよ。液をつけたら指ですりこませます。特に根本はよくすりこませましょう。最後に全体を手でもみこみます。

ラップをかけてしばらく時間を置く

商品によって置く時間はバラバラですが、まんべんなくヘナが塗れたらラップをかけて適切な時間置きましょう。15分程度で終わるものもあれば1時間~2時間くらい置かなければ染まらない商品もあるので、しっかり確認しましょう。
ラップの上からドライアーの熱を当てたり、蒸しタオルを載せて温めると、なじみやすくなってよく染まるのでおすすめですよ。

洗い流す

時間がたったら、ヘナペーストをよく洗い流します。最初は、赤茶色の液が流れてきますが、よくすすいでいくうちに透明になっていきます。染めたばかりの時には鮮やかな色が気になる場合がありますが、時間がたつにつれて落ち着くので焦らず待ちましょう。
染髪後何日かは、色落ちすることもあるので、タオルは汚れてもいいものを使用、着るものにも注意しましょう。

正しい使い方できれいにヘナで白髪染めをしましょう

ヘナは染めるのに時間がかかることもあり、少し手間がかかるイメージを持っている人もいるかもしれませんね。でも、正しい使い方をすれば美容院での仕上がりに負けないくらい上手に染めることができますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

ヘナで白髪を染めるとどれぐらい時間がかかる?

ヘナを使った白髪染めは、時間がかかるというイメージがありますよね。染髪を始めてから終えるまでどれくらいかかるのかを紹介していきます。

商品によってかかるトータルの時間が違う

ヘナの白髪染めはドラッグストアなどでも買えますし、インターネット通販での購入も人気です。たくさんの商品があり、それぞれ染髪にかかる時間が異なります。準備や、塗布、洗い流すのにかかる時間にはそんなに差はありませんが、塗布した後どれくらい置くかによってトータルが変わってきます。
短いものであれば15分で終わるものもありますし、長いものでは2~3時間かかる場合もあります。しっかり白髪を染めるのが目的の場合は、長めに置くタイプのものを選ぶのがおすすめですが、なかなかそんな暇がないという人には、ささっとできてしまうお手軽タイプが良いかもしれませんね。

準備にもそれなりの時間がかかることをお忘れなく!

置く時間はそれぞれ商品に記載されていますから、大体イメージしやすいと思いますが、忘れてはいけないのが準備にかかる時間です。粉を溶いたり、髪の毛全体に液を塗布したりするのには結構な時間がかかります。洗い流して乾かすところまで考えると、置く時間プラス1~2時間くらいは見ておいた方がよいかもしれませんね。

ヘナの白髪染めは時間がたっぷり必要!

ヘナを使って白髪を染めるなら、時間に余裕がある時にじっくり行うようにしましょう。

ヘナの白髪染めは自分で作ってリタッチすることが可能

白髪って、染めてもすぐに伸びてくるのが難点ですよね。いちいち美容院に行くのも手間ですし、自宅で簡単に染めることができたら嬉しいですよね。伸びてきた部分のおすすめケア方法を紹介します。

ヘナの白髪染めなら自分で作ってリタッチできる!

伸びてきた白髪のケアにおすすめなのがヘナです。自分で好きなカラーと分量の液を作ることができるので、いつでも気軽にリタッチすることができます。初めて染めるときは鮮やかすぎて気になることも多いかもしれませんが何度も繰り返して行ううちに、色も落ち着いてきます。

1~2週間に一回のリタッチが理想

自分で液を作って伸びてきた部分を染めるなら、1~2週間に一回くらいのペースで行うのがおすすめです。少し白髪が見えてきたなと思ったら、その部分のみを染めていくことで、髪の毛もヘナとなじみやすくなりますし、容量もつかめてくるので塗布する時間も短縮できますから、手間に感じなくなってきますよ。

伸びてきた白髪のケアはヘナでリタッチ!

伸びてきた白髪のケアは、自分でできるヘナの白髪染めがとっても気軽でおすすめです。

授乳中のヘナの白髪染めは安全?

授乳中の白髪染めって悩みますよね。頭皮は吸収率が良いので、母乳に出やすいことを考えると、刺激の強いヘアカラーをするのはちょっと抵抗があるというママたちもたくさんいると思います。ヘナは100パーセント植物性だから安心して使用できるかも?と思っている人も要注意。気になる産後の白髪ケアについて紹介していきます。

ヘナなら授乳中でも安心して白髪染めできる?

植物性ということで、カラーリング材を使っての染髪に比べると安全性が高いことは確かです。でも、100パーセント安心できるかといえばそうではありません。
まず、産後のお肌はとても敏感になっていることが多いので、初めてヘナを使ってかぶれてしまうという可能性があります。特に植物性なので、反応しやすいという面もあります。使用には慎重になったほうが良いでしょう。
また、母乳への影響についてですが、授乳中にヘナを使って白髪染めをした後、搾乳したら緑色の母乳が出たという人もいるようです。もちろん、害のある成分ではありませんが、それだけ影響力が大きいということは知っておくべきですよね。
さらに、商品によっては100パーセント無添加ではないものもありますし、トリートメント要素としてヘナが使われていて、染料は、普通のカラーリング材になっているという場合もあります。ほとんどのママが、赤ちゃんに体に良くない成分を与えたくないと考えると思いますから、配合されている染料についてもよく調べておきましょう。

授乳中は白髪染めをしないのが理想

一番の理想は、授乳中には染めないことです。でも、染めないで白髪が気になる状態でいることで、ママのストレスになる場合は、少しのリスクを承知の上でできるだけ母乳に与える影響が少ない方法で染めた方が良いかもしれませんね。

ヘナの白髪染めは副作用の心配がない?

白髪が気になって染めたいけれど、染めたことによる副作用が心配という人は多いと思います。確かに、市販のカラーリング材や、美容院での染髪では、刺激が強くお肌や髪の毛に異変を感じる人もいるでしょう。一方、ヘナは、植物が原料になっているので、使っても頭皮や髪の毛には悪影響はないだろうと思われているかもしれませんね。でも実際は注意すべきポイントもたくさんあるんですよ。

ヘナの白髪染めでも接触性皮膚炎を起こす可能性がある!

ヘナなら、お肌への影響が少ないと思われがちですが、接触性皮膚炎をおこす可能性もあるんです。100パーセント無添加で植物性の商品なら、そのリスクは少ないですが、多くの商品にジアミンという成分が含まれています。ジアミンは、より手早く、きれいに染めるために配合されていて、普通のカラーリング材にも使われています。
特に、10分~15分くらいで簡単に染められるタイプの商品や、何もしなくても、ブラックやブラウンに染まる商品はジアミンが入っている可能性が高いので要注意。皮膚炎のリスクを少しでも減らしたいという人は避けた方が良いと思います。

乾燥体質の人は頭皮トラブルを起こすリスクが高まる

ヘナには、水分や油分を奪ってしまう特徴があります。だから、乾燥肌の人や、体が乾燥しがちの人が使用すると、乾燥を悪化させて、頭皮トラブルを引き起こしたり、髪の毛がパサパサになってしまうかもしれません。使用を初めて、乾燥を感じたら、ホホバオイルや椿オイルなど天然のオイルを併用してみると少し緩和されますよ。

ヘナの白髪染めにも副作用のリスクがあることを知っておきましょう

髪に優しいと思われがちですが、ヘナの白髪染めにも副作用のリスクがあるということは、知っておいた方がよさそうですね。商品によってもリスクが異なりますから、選ぶ際の参考にしてください。

ヘナの白髪染めでアレルギー反応や肌荒れが起きる場合がある

ヘナの白髪染めを使っていれば、副作用なく安全に髪の毛を染めることができると思っている人は多いと思います。でも、実はアレルギー反応や肌荒れが起きる場合もあるんです。

ヘナの白髪染めでアレルギー反応が起こる?!

ヘナは植物なので、カラーリング材の刺激に比べると安全なイメージがありますが、アレルギー反応が起こる場合もまれにあります。100パーセント天然の商品なら、そのリスクは低いですが、植物アレルギーを起こしてしまうリスクも0ではありません。
また、早く、きれいに染めるためにジアミンという化学物質が配合されている場合も多く、それに反応して、かぶれたりトラブルを起こすという人は少なくないようです。少しでも副作用の可能性を減らすためには、配合成分をきちんと確認すること自分に植物アレルギーがないかどうか調べる必要がありそうです。

肌荒れしてしまうこともあるの?

ヘナは、水分や油分を奪ってしまう性質があるので、使用すると、お肌が乾燥を起こすことがあります。お肌の乾燥は肌トラブルの大きな原因となりますから、肌荒れが起きてしまう可能性も十分にあるのです。もし、お肌に何か異変を感じたらすぐに使用を中止したほうが良いと思います。
天然のオイルなどを併用しながら水分、油分を足して染めるようにすると、肌荒れを予防することができるかもしれません。

ヘナの白髪染めは100パーセント安心できる染め方ではない!

市販のカラーリング剤より、ヘナの方が安全なことには変わりありませんが、すべての人に100パーセント安全と言い切れるわけではないということを知っておきましょう。

ヘナで白髪染めをして頭痛や湿疹・かゆみやかぶれができる可能性

美容院でのカラーリングや、市販のカラーリング剤の副作用を経験したり、リスクを避けるためにヘナの白髪染めを選ぶ人もいるかもしれませんが、100パーセント副作用の可能性がないとは言い切れません。どんなリスクがどれくらいあるのか紹介していきたいと思います。

アレルギーによる頭痛や湿疹、かゆみ、かぶれの可能性

ヘナは植物なので、安心だと思うかもしれませんが、ごく稀に植物アレルギーを起こしてしまうことがあります。そうすると、頭痛に悩まされたり、湿疹ができたり、かゆみやかぶれが引き起こることもあります。
また、手早く、きれいに染めるのを目的にジアミンという化学成分が配合されている場合は、市販のカラーリング剤や美容院でのカラーリングと同じようなアレルギー反応が起きてしまうので、商品を選ぶ時には注意が必要です。

ヘナの性質による肌トラブルの可能性

ヘナは水分や油分を吸収する特徴があるので、もともと乾燥肌で悩んでいる人は、乾燥が悪化して、頭皮がカサカサしてかぶれたり、かゆくなったりする可能性があります。髪の毛がパサパサすることもあるので、白髪染めをするときには、油分水分が不足しないような工夫が必要です。

ヘナの白髪染めで起こる可能性のある副作用に注意

ヘナは一見安全そうですが、頭痛や湿疹、かゆみ、かぶれ、肌荒れなどのトラブルが起きることもあるので、使用するときには注意が必要です。

ヘナで白髪染めをするメリットとデメリットについて

市販のカラーリング剤や美容院での染髪とは違って、天然成分で染められるヘナを使って白髪染めをする人も多いですよね。どんなメリット・デメリットがあるのか紹介します。

ヘナで白髪染めをするメリット

一番のメリットは何といっても天然成分で染めることができるという点ですよね。化学物質は、できるだけ使いたくないというオーガニック派にもぴったりです。頭皮は、吸収力が強いので、化学物質を体の中に取り込んでしまうリスクを考えると、カラーリング剤はあまり使いたくないですよね。100パーセント天然の成分なら安心です。
さらに、美容院で髪を染めると、一回1万円前後かかります。白髪はすぐに目立ってきますから、そのたびに通っているとコストもかなりかかってしまいます。その点、ヘナの白髪染めは、自宅で行えば一回1000円~3000円でできてしまうので安く手軽に染められるという魅力もあるのです。

ヘナで白髪染めをするデメリット

実はヘナの白髪染めにはデメリットの方が多いというのも難点の一つ。染めるのに時間がかかるということが気になる人も多いですよね。商品にもよりますが3時間近くかかるものもあります。最近は、手早く染めるために15分くらいで染められるタイプの商品もありますが、そういった商品は100パーセント天然成分ではなく、ジアミンという一般的なカラーリング剤に使用されている化学物質が含まれているので、ヘナを使用するメリットが薄くなってしまいます。
また、自分できれいに染めるのはなかなか難しく、何度も繰り返し行えば要領もつかめてくるのですが最初は手間取ってしまうことも多いでしょう。白髪はオレンジ色にしか染められないので、茶色や黒にするためには、別の染色方法を足さなければならないという手間もあります。一度ヘナで白髪染めしたら、カラーリング剤の色が入りにくくなるというのも大きなデメリット。染めることを決断するのには勇気がいりそうですよね。

メリットとデメリットをしっかり理解したうえで使用を決めましょう。

ヘナの白髪染めにはメリットばかりではありません。デメリットもしっかりと理解したうえで、後悔しない決断をしましょう。

ヘナで白髪染めをすると抜け毛が増えて持ちも悪いって本当?

ヘナで白髪染めをしたという人の中には抜け毛が増えたり、持ちが悪いと感じている人もいるようですね。それは本当なのでしょうか検証してみたいと思います。

しっかりヘナペーストが洗い流せているかどうかをチェック!

ヘナにはもともとトリートメント成分が含まれているので、髪の毛は生き生きとしてくることが多いです。だから適切に使用できていれば抜け毛が増えるということは考えにくいです。髪の毛が抜けやすくなったのを感じている人はもしかしたら使用後にしっかりとペーストが洗い落とせていない可能性があります。
もし、頭皮にペーストが残ってしまっていると、そこからどんどん毛穴が変色して、抜け毛が増えていってしまうのです。いくら安全性が高くても、使い方に問題があれば、頭皮や髪にトラブルが起こってしまう可能性があるのは当然ですよね。洗い流すときや頭皮の保護が不十分だと、毛穴に負担がかかり、髪が抜けてしまう原因になりますから気を付けましょう。
また、すべての商品が100パーセント植物性ではないという点にも注意が必要です。色がしっかり入るようにするために「ジアミン」という成分を配合していることがあり、この成分にアレルギー反応が起こり、髪が抜けたり肌トラブルが起こる可能性もあるのです。

持ちが悪いのはなぜ?

ヘナで白髪染めをしても、すぐに色落ちしてしまうと感じている人は多いです。特に、初めて使った人は、持ちの悪さを強く実感するでしょう。最初はなかなか色が入りにくいですが、何度もリタッチを続けていくうちに、髪になじんで色が入りやすくなっていくので、根気が必要ともいえます。商品によっても、色の入りやすさや、自分の頭皮や髪との相性が違うのでいろいろ試してみるのもおすすめです。

抜け毛や色落ちを防ぐために正しい使い方をチェック!

抜け毛を防いだり、色の持ちをよくするためには、正しく、効果的な使い方をよく知っておくことが必要です。

ヘナの白髪染めをすると緑色になるのはなぜ?

ヘナの白髪染めをすると、髪の毛が緑になることがありますが、それはなぜでしょうか。紹介していきます。

ヘナは本来、赤やオレンジ色に発色する

ヘナは黒色の髪には反応しません。白髪のみに染まり、オレンジ色や赤色に染まります。だから、単体で緑に染まってしまうということはありません。

配合されているインディゴが原因!

ではなぜ、緑色に染まってしまうかというと、配合されているインディゴという成分が原因です。赤やオレンジ色では、目立ってしまいますから、その色と混ざって、自然な茶色になるように、藍色のインディゴを足すのが一般的です。
染めている途中で、緑になることはありますが、大体が時間がたつと落ち着いて藍色になり、最初の赤やオレンジと合わさって自然な茶色になるので、心配いらないことが多いのですが、緑が強く出すぎてしまってそのままになってしまうこともあるようです。

しっかり色発色させられればきれいな茶色になる

ヘナで白髪染めをして緑色になったらびっくりしてしまいますよね。でも、しっかり時間をおいて、色発色させることができればドライアーで乾かすころにはきれいな茶色になることがほとんどなので安心してくださいね。

ヘナの白髪染めはインディゴを多く混ぜると黒や茶色になる

ヘナ単体だと白髪染めをしても赤色やオレンジ色になってしまいます。そこで、黒や茶色にするためにはインディゴを多く混ぜることが必要です。

インディゴって何?

インディゴとは染料のことで、ヘナと併せて使うことで自然な茶色や黒色にすることができるので、多くの商品に配合されています。粉末が別々になっているものもあって、じぶんで量を調節することができる商品もあります。
藍色に染められる原料なので、赤色やオレンジ色に混ぜることで、自然な髪の毛の色にしてくれます。まず、緑色に発色するので、損ている途中に緑が気になる人も多いようですが、時間を置くことで発色が変わり、藍色になります。

ヘナの白髪染めにはインディゴが不可欠!

ヘナの白髪染めで自然な髪色を作り出すためにはインディゴは必要不可欠といえます。おすすめは、もともと含まれている商品ではなく、別々になっているタイプの商品。何度も使っていくうちに自分にとっても最適な配合がわかるようになってくるので、納得いく色に染められるようになりますよ。
きれいな茶色や黒色にしたいなら、多めに混ぜるのがおすすめです。

白髪染めはマニキュアよりヘナが髪に優しい

白髪を染めるのに、ヘナを使うかヘアマニキュアを使うか迷う人も多いですよね。髪に優しいのはどちらでしょうか。

ヘナの方がヘアマニキュアより髪に優しい

ヘアマニキュアはカラーリング剤と違って、髪の表面だけに色を乗せるので、髪に与えるダメージは少ないのではないかと思われがちですが、やっぱり化学染料を使っているということで、地肌と髪にはそれなりのダメージを与えます。
その点、ヘナは天然の染料なので、地肌と髪への優しさは断然上だといえます。トリートメント効果もあるので、つやつやになります。

使いやすさで選ぶならヘアマニキュア

髪への優しさは、ヘナの方が上ですが、自分で染めるのにはちょっと手間がかかります。時間も長く置かなければならないので気軽にできないというデメリットがありますよね。ヘアマニキュアは、簡単に短時間で染められる商品がたくさん販売されていますし、カラーバリエーションも豊富なので使い勝手では勝っていると思います。

どちらをとるかは自分の優先順位で決める

白髪染めをするときにヘナを使うかヘアマニキュアを使うかはひとそれぞれ、優先順位の違いによってそれぞれだと思います。髪への優しさで選びたいという人は、天然成分が染料のものを選ぶのがおすすめですよ。

ヘナの白髪染めは染まりにくかったり染まらないこともある?

白髪染めをするときに、頭皮と髪に優しいヘナを使用してみたいと思っている人は多いと思います。でも染まらなかったり染まりにくかったらどうしようという心配もありますよね。染まりにくさがあるのかどうか紹介していきたいと思います。

ヘナの白髪染めは染まりにくいこともあるの?

ヘナの白髪染めは人によって染まりやすさが変わってきます。髪質によっては染まらないこともあります。使ってみなければわからないというところがあるので、使用を決断するのは難しいのですが、髪が太い人は染まりづらいことが多いので要注意です。白髪の量と太さによって染まり具合には個人差があるということを覚えておきましょう。
また、染めるときの環境も重要です。温度が低いと染まりが悪くなるという特徴があるので、部屋の温度を上げて、冷やさないように注意をすることで染まりやすくすることができるかもしれません。冬場に使用するときには特に気を付けたいポイントですよね。

商品によっても相性があるので、いろいろ試してみるのも一つの方法

ヘナの白髪染めはたくさんの商品が販売されていますよね。一種類使ってみて染まらなかったからと言ってすべての商品がそうとは限りません。いろいろ試してみるのも一つの方法ですよ。

染まりやすさには個人差があり

染まりやすさは髪質や白髪の量、商品との相性などで個人差があります。染まりにくかったり、染まらないということもあるので、覚悟はしておきましょう。また、室温や、溶かすお湯を温かくするなど、染まりをよくするための方法も併せて覚えておくとよいでしょう。

白髪染めのヘナは水よりコーヒーや紅茶・ヨーグルトで溶いたほうがいい?

ヘナで白髪染めをするときに、水ではなくコーヒーや紅茶、ヨーグルトなどで溶くと良いといううわさを聞いたことがありますか?実際はどちらの方が良いのか、なぜ、水以外で溶く人がいるのかなど詳しくまとめてみました。

紅茶で溶くとどんな効果があるの?

インドではほとんどの人が水ではなく紅茶で溶いて使用しているようですね。香りが強めのもので溶けば、ヘナの独特な香りを和らげるという効果があるようです。染色を強めたり、仕上がりを良くしたりする効果は実証されていません。

コーヒーで溶くとどんな効果があるの?

水で溶いた時とほとんど変わりはありませんが、微妙に黒っぽく仕上げることができるといわれているようです。染める力を強める作用は実証されていません。

ヨーグルトで溶くとどんな効果があるの?

水よりも粘性があるので、塗布するときに扱いやすいという点と、仕上がりがしっとりするという、使用感の良さでヨーグルトを使用する人がいるようです。でも、あまり大量に使用すると、酸によって染める力が弱まってしまう可能性があるので要注意です。

しっかり染めたいなら水が一番

他にも、卵など色々なものを溶くときに使っている人がいますが、染色を強める効果は特にありません。無関係なのです。だから、結局は水が一番扱いやすく、気軽で、確実だということですね。

ヘナの白髪染めの評判や口コミを比較

ヘナの白髪染めの評判や口コミを比較して検証してみました。

ヘナの白髪染めの良い口コミは?

まずは良い口コミから紹介していきたいと思います。
・美容院で染髪するのが面倒で、コストもかかるので使ってみました。最初は自分でまんべんなくペーストを塗布するのが難しかったですが、何度か使用するうちに慣れてきました。オレンジに染まるということで少し心配だったのですが、好みの焦げ茶色に染め上げることができて満足しています。初回の頃より、3回目以降の方がしっくりくる色に染められたように思います。
・自宅で手軽にできるのが良いですね。安く手に入るし、ネット通販のは質が良い商品もたくさんあるので、せっかくならと無添加の商品を選んで購入しています。髪と地肌に優しく白髪染めができるのがうれしいです。
・授乳中、いろいろなストレスがある中、産後に急に生えてきた白髪を毎日鏡で見るたびに落ち込んでいました。母乳に影響すると思ってカラーリングはできないと諦めていたのですが、ヘナなら天然成分で安心な飲んで、中でも一番安全性の高そうな成分配合のものを見つけて購入しました。無事に、白髪も目立たなくなり、精神的にも安定できました。
使ってみてよかったと感じている人はたくさんいるようですね。何度もリピートしている人も多いようです。

ヘナの白髪染めの悪い口コミは?

次に、悪い口コミも見ていきましょう。
・初めて使ってのですが、とにかく匂いがきつくてだめでした。独特のきつい匂いが部屋中に充満して、これを1~2週間に1回行うのは無理だと思って、継続利用はあきらめました。
・もっと簡単にできるかと思っていたけど、結構難しかったです。時間も長く置かなければいけないので、お手軽感はありません。これならコストはかかっても、美容院に通う方が上かなと思っちゃいました。
・染まりが悪く、何日かすると色落ちしてしまい、すぐに白髪がまた目立つようになってしまいました。自分の髪質のせいかもしれませんが、これまでカラーリング剤のきれいな染まり方に慣れていた私にとっては、不満です。
使い勝手の悪さや、染まり方に満足できないという口コミもあるようですね。感じ方や染まり具合には個人差がありそうです。

良い口コミも悪い口コミも両方ある!

ヘナの白髪染めは、使ってみてとてもよく何度も繰り返し利用しているという人もいれば一回であきらめてしまったという人もいます。どちらの評判もあるということを踏まえたうえで、まずは試してみるのが一番かもしれません。

ヘナの白髪染めは縮毛矯正やパーマに影響する?

ヘナで白髪染めをするときには、パーマや縮毛矯正の持ちやかかり具合に影響するので注意が必要です。どんなふうに関わってくるのか紹介します。

ヘナと縮毛矯正の関係

ヘナは髪の毛をコーティングするので、縮毛矯正がかかりにくくなってしまいます。絶対にできないというわけではありませんが、最低でも1週間は間を開けて行うのが良いでしょう。そして、美容師さんに必ず伝えることが大切です。かかりづらいということを踏まえて、少し強めにかけてくれたり対処してくれるでしょう。
順番は白髪染めを後にするのが理想です。

ヘナとパーマの関係

縮毛矯正と同じく、かかりにくく、落ちやすくなってしまいます。でも順番を変えると効果が出ます。パーマを先にかければ白髪染めの効果も得られますし、パーマで傷んだ髪もケアすることができます。持ちが悪くなるという可能性も少ないでしょう。
1~2週間の間隔をあけて行いましょう。

ヘナの白髪染めも、縮毛矯正やパーマも全部やりたい人は

髪の毛のおしゃれって女性にとってはとっても大切のことですよね。ヘナで白髪染めをしていても縮毛矯正やパーマをしたいという人は、効果をしっかり得られるように、行う順番に気を付けましょう。特に100パーセント天然成分の商品は、かかりづらくしてしまうので要注意ですよ。

ヘナの白髪染めは黒髪や眉毛にも効果がある?

ヘナの白髪染めは、白髪だけでなく黒髪や眉毛にも使えるのでしょうか。紹介していきます。

ヘナで黒髪はほとんど染まりません

ヘナは白髪に反応するので、白髪染め専用と考えてよいでしょう。ですから、黒髪に染めてもほとんど変化や効果が見込めない場合があります。特有のオレンジや赤の色が黒い色に入ることもないので、見た目状変化を感じることは少ないといえます。

眉毛の白髪染めにも使える?

髪の毛に白髪ができるということは、当然眉毛にもできることはありますよね。ヘナは眉毛の白髪染めにもぴったりなんです。目に近い部分ということで、刺激の強いカラーリング剤を使うというのはちょっと抵抗があるという人も天然成分でお肌に優しく染められるので安心ですよね。
髪の毛と同じように使用できますし、範囲も狭いのでとっても気軽に自宅でできるというのも魅力です。気になっていてもついあきらめてしまう部位ではありますが、髪の毛を染めるときに一緒にケアしてみてはいかがでしょうか。

ヘナは白い毛に染まるということを覚えておきましょう。

このように、ヘナは黒髪には染まらないけれど眉毛の白髪には染まります。白い毛に色が入るということを覚えておきましょう。

ヘナの白髪染めはダイソーなどの100均でも買える

ヘナの白髪染めはドラッグストアやインターネットの通販で購入する人が多いですよね。でも、最近はダイソーなどの100均でも販売しているのを知っていますか?

100均でもヘナの白髪染めが買える!

もともと、美容院でカラーリングをするよりも低コストで白髪染めができるのが魅力のヘナでしたが、ダイソーでも購入できるということで驚きですよね。あまりに安すぎると逆に心配になる人も多いと思いますが口コミ評価でも、満足の声が多く上がっています。
もちろん、100円というわけですから、そのほかの商品に比べて劣っていると感じる人も多いようですが、中には、ネット通販の商品からこちらに変えて、3年以上リピートしているというファンもいるようです。使用感には個人差があり、バキバキになると感じる人もいればトリートメント効果も感じられる人もいるようです。
染まりやすさも髪質によりますが、しっかり色が入ったという声も多いので安心できそうですね。

100円でヘナをお手軽に試してみては?

ヘナが気になっているというには100円で試せるというのは大きな魅力なのではないでしょうか。今のところ、取り扱っている100均はダイソーくらいのようなので、お近くの店舗をのぞいてみてはいかがでしょうか。もし、相性がよく気に入れば、カラーバリエーションもいくつかあるようですから、便利に使えそうですね。

ヘナの白髪染めは美容院と自宅で仕上りに差がつく?

ヘナの白髪染めをする方法としては、美容院と自宅がありますよね。仕上がりには差があるのでしょうか。どの場所で染めるかによっての違いを紹介していきます。

仕上がりはもちろん美容院の方が上

ヘナの白髪染めは、自宅で行う場合は1000~3000円が平均です。美容院で行うと6000円~10000円くらいしますがこの価格の差はもちろん仕上がりの差ということになります。たとえ同じペーストを使用するとしてもプロが塗るのと自分で塗るのとでは、全然違いますよね。そして、まんべんなくきれいに塗布できていればいるほど、仕上がりはきれいになります。ですから、技術料と、手間賃ということで割高になるのは当然なのです。
自分ですべての髪にペーストをきれいに塗っていくのは実際とても難しいですから、美しい仕上がりを求めるのであれば、プロに任せるのが無難です。でも、技術については、何度も繰り返して行ううちに慣れて要領をつかんでこれるという面もありますから、最初はうまくいかなくても、何度も自分で染めてみるというのも、コスト削減にもなるので、おすすめですよ。

使用するヘナを選べるという魅力は自宅で染めるときにのみあり!

自宅でヘナの白髪染めをするときには、美容院での仕上がりよりは劣ってしまいますが、どの商品を使用するかを自分で選ぶことができるという大きな魅力があります。無添加にとことんこだわることもできますし、微妙な色味なども調節することができますよね。どちらもメリットとデメリットがあるということを知っておきましょう。

仕上がりなら美容院、手軽さなら自宅!

仕上がりがきれいなのは美容院ですが、手軽に染められ、好きな商品を選べるのは自宅です。自分にはどちらが合っているのかは人それぞれですから、好きな方を選んでくださいね。