抜け毛や薄毛が気になる人は、白髪染めを選ぶ際に気をつけなければいけないことがあります。

…と言うのも、髪を染めたり色を抜いたりするということは。基本的に髪や頭皮に負担をかけてしまう行為だからです。

市販の白髪染めを使う場合、負担が特に大きいと言われています。

「特価だから」、「とても安いから」と言って、それだけで白髪染めを選ぶと、刺激が強い市販の商品のために地肌がかぶれてしまったり、髪を傷めてしまうこともあります。

そういったことが原因になり、結果的に抜け毛や薄毛を促進させてしまうことにもなりかねません。

では、どんなことに注意して白髪染めを選べばいいのでしょうか。

白髪染め

なるべく髪や地肌への負担を少なくするには、低刺激タイプや無添加タイプの物を選ぶようにするといいでしょう。

現在は様々なタイプの商品が発売されていますが、低刺激で無添加の物は基本ですよ。

それにプラスして、最近では育毛効果のある成分も含んだ商品も登場している程です。

抜け毛や薄毛が気になっている人には、白髪も染められて育毛効果も期待できるなんて一石二鳥の商品ですよね。

また、白髪を染める頻度を減らせれば、それだけでも髪や地肌への負担は軽減できますよね。

染めた後の色の持ちがいい物、色落ち防止の効果の高い商品もオススメです。

そういった特徴を持った商品を探すには、インターネットや通販カタログなどが役立ちますよ。

どの商品がいいのか判断できない場合は、行きつけの美容院で美容師さんに相談してみるのも有効です。

男性も女性も、白髪染めで薄毛になる可能性がある

男性も女性も白髪染めで薄毛になる可能性がある

男性でも、女性でも、白髪染めをすると薄毛になってしまう可能性は十分あり得ます。

頭皮や髪の毛にダメージを与えれば、髪は抜けてしまったりするので、白髪染めによる薄毛は、ある程度、覚悟したほうがいいかもしれません。

また、すでに薄毛で悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、薄毛になるのは男性ばかりではありません。

女性も、分け目から薄くなってしまうことが多いので、白髪染めをする時は刺激が弱いものを使うことが重要となります。

自分で染めることが多い方は、強い薬剤を避けるようにして、シャンプーやトリートメントというタイプのものや、マニキュアタイプを使ってみるといいでしょう。

頭皮に刺激を与えないようにしながら染めるということも大切ですが、頭皮につかないように意識すると、生え際が染まらなかったりするので仕上がりに満足できないこともあります。

ですから、白髪染めをするときは低刺激で肌に優しいものを選ぶか、美容室へ行くなら美容師さんと相談して、刺激の少ない薬剤で丁寧に染めてもらった方がいいでしょう。

白髪染めで薄毛になってしまう原因は?

白髪染めで薄毛になってしまう原因は?

白髪が気になり、頻繁に白髪染めをするという方もいると思いますが、頭皮にダメージを与え続けると、髪の毛は細く、弱くなってしまい、すぐに抜けてしまうのです。

白髪染めで薄毛になるのは、髪の毛や頭皮へのダメージが原因です。

「薄毛になりたくないけど白髪染めはしたい」と考える人はかなり多いです。

ですから、白髪染めは強い刺激を与えず肌に優しいものを選ぶと良いと思います。

美容院で染めれば大丈夫なのか?と疑問に思う方もいらっしゃるはずですが、使っている薬剤の刺激は同じです。

薄毛になってしまうかもしれないと不安に思っている方や、これ以上悪化させたくない方は、白髪染めの成分に気をつけるようにしましょう。

ヘナなら薄毛でも白髪染めが可能

薄毛が気になる方で、白髪染めをするならヘナがオススメです。

ヘナは天然成分なので、肌に優しく敏感肌の方も安心して使うことができます。

しかし、同じヘナでも100%天然ではない場合もあるので気をつけなければなりません。

ヘナは頭皮にダメージを与えることなく、薄毛の予防も可能ですが、100%天然のヘナであれば…、ということですので、白髪染めをする際は注意して選ぶようにしましょう。

ヘナ

ヘナはオレンジや赤に染まりますが、ヘナ以外の成分が含まれている場合は黒に染まります。

薄毛を悪化させないようにしたいという方は、強い薬剤を含まないヘナの白髪染めを使用しましょう。

どれが100%天然なのかわからないという方も多いはずですが、美容室でも100%ではない場合がありますので、薄毛が気になることを伝え、他の成分を使わないようにとお願いしてみるといいと思います。

ヘナはトリートメント効果もあり、仕上がりはツヤツヤになりますのできっと満足できるはずです。

トリートメントタイプの白髪染めなら薄毛にも安心

薄毛

薄毛を気にする方は、白髪染めをするならトリートメントタイプがいいと思います。一回できれいに染めることができる強い薬剤を使用した白髪染めは、薄毛の状態を悪くしてしまう可能性があるため、使用は控えたほうがいいと言われています。

白髪染めをするために薄毛になるなんてイヤだと考えるのは当然です。白髪を染めても髪の毛が薄くなってしまえば意味がありませんから、薄毛を進行させないように白髪染めをすることが重要と言えます。

ドラッグストアでも販売されていますが、通販で人気の白髪染めトリートメントを試してみるのもいいと思います。完全無添加で肌が弱い方も安心して使えるというものなら、薄毛への影響もかなり少ないので、気になる方は使ってみるといいでしょう。

天然成分で安心して使える白髪染めとしては、トリートメントやシャンプーというタイプが人気となっているようなので、成分を確認し、口コミなども参考にするといいですね。年齢と共に、男性も女性も薄毛になってしまいます。

とても気になると思いますし、これ以上薄くしないためにも白髪染めはしっかりと選んで使うようにして下さい。

男性も女性も抜け毛は白髪染めで悪化する

抜け毛

男性も女性も抜け毛が多くて気になっている方がいらっしゃるはずです。抜け毛も気になるし白髪も増えて気になるという方は、白髪染めをすると抜け毛がひどくなってしまうのではないかと心配になりますよね?

白髪染めをしないわけにはいかないという方も多いはずですが、白髪染めをすることによって髪や頭皮にダメージを与えてしまえば、抜け毛が悪化してしまいます。大量の抜け毛に悩む方は、白髪染めをするなら刺激の弱いものを選んでいただくことが大切です。

できれば刺激しない方がいいのですが、女性は特に白髪が生えてくると外出するのも憂鬱になるはずなので、抜け毛を悪化させないように白髪染めをするといいでしょう。

どうすれば抜け毛を予防しながら白髪染めをすることができるのか・・と疑問に思うはずなんですが、髪の毛に栄養を与えながら白髪を染めることができるものもあります。

トリートメントタイプの白髪染めやヘナを使った白髪染めも、ダメージを与えないように染めることができますので、試しに使ってみて下さい。

市販の白髪染めは抜け毛をひどくすることがある

市販の白髪染めは抜け毛をひどくすることがある

自宅で手軽に白髪染めをすることができるんですが、市販されている白髪染めはジアミンなどの強い薬剤が入っていて、髪の毛の色を抜いて色をつけるという感じになり、一度できれいに染めることができるものとなりますが、頭皮や髪にはかなりのダメージを与えてしまいます。

そのため、髪が傷んでしまうのを気にする方にはオススメすることはできません。簡単に染めることができるので便利ではありますが、抜け毛がひどい方には低刺激や天然成分で染める白髪染めをオススメしたいと思います。

年齢と共に抜け毛がひどくなるということもありますが、ホルモンバランスが乱れているときも抜け毛は増えますので、使用する白髪染めはしっかりと選ぶようにしたほうがいいですね。

今まで抜け毛を気にしながら白髪染めをしていた方、トリートメントタイプの白髪染めやヘナなら刺激は少ないので、市販のものでも優しい成分のものを使うようにしてみて下さい。

白髪染めを変えるだけで、抜け毛が減る可能性もありますので、成分を重視しながら比較してみるといいでしょう。

ヘナで白髪染めをすると抜け毛を予防できる

OK

白髪染めをするならヘナがオススメです。抜け毛がひどいと気にする方も、まずは一度ヘナで染めてみて下さい。

ヘナにもいろんな種類があるようですが、天然100%のものを選ぶことが大切です。刺激性のある成分が含まれていると、抜け毛を悪化させてしまうかもしれませんので気をつけましょう。

頭皮にダメージを与えてしまえば、確実に抜け毛はひどくなると思います。伸びてきた白髪をすぐ染めるというような感じも良くないと思うので、白髪染めの種類を使い分けてみるのもいいですね。

ヘナは髪の毛を健康に導くことができ、抜け毛も予防するという効果も期待できますので、多くの方に人気があります。美容室でヘナの白髪染めをしている方も多いんですが、100%天然のものを使ってもらえるようにお願いし、頭皮に刺激を与えないように白髪染めをしてもらうといいでしょう。

抜け毛が気になっていることを説明すると、美容師もお手入れのアドバイスをしてくれたりしますから、白髪染めのことに限らず色々相談したりするのもオススメです。

産後の白髪染めは抜け毛の原因

白髪染めをするときは、抜け毛がひどくなる可能性がありますので気をつけなければなりません。

女性は結構マメに白髪染めをしているようなんですが、産後はホルモンバランスが安定していませんので、抜け毛がひどい状態が続くことが予測されます。

抜け毛はないから大丈夫と白髪染めをする方もいらっしゃいますが、白髪染めが原因で抜け毛がひどくなるという可能性もないとは言えません。

産後の白髪染めは、低刺激のものを選ぶようにしたほうがいいと言われていますが、トリートメントタイプで目立たなくしたり、スティックタイプ・マスカラタイプの白髪染めで隠すという方法もありますので、体調に合わせて時期を選んだほうがいいんじゃないでしょうか?

白髪染めは種類がいろいろあるんですが、美容室で染めれば安心だと思い込んでいる方もいらっしゃるようです。

美容室

美容室で使用している白髪染めも、市販されている刺激の強い薬剤と同じような成分が含まれていたりしますから、産後の抜け毛を気にしながら白髪染めをするなら、しっかりと美容師さんと相談して、刺激を与えないように白髪を染めてもらうといいでしょう。

トリートメントタイプの白髪染めなら抜け毛が気にならない

抜け毛が気にならない

トリートメントタイプの白髪染めが人気となっていますが、抜け毛を気にする方も低刺激のものなら安心です。抜け毛がひどくならないように白髪染めをすることはできないのかと考えている方もいらっしゃると思いますが、抜け毛が多くて気になるときは、とにかく刺激を与えないようにすることが大切だと思います。

頭皮に刺激を与えないように白髪を染めることができれば、抜け毛を増やしてしまうことはないはずです。髪にも頭皮にも優しい成分を使っている白髪染めを探してみましょう。

現在は、さまざまな種類の白髪染めがありますので、髪をいたわりながらキレイに染めることができるものをチェックしてみて下さい。

ヘナも人気がありますが、トリートメントタイプは入浴中に簡単に染めることができるのでとても便利です。生え際の白髪を隠すために、トリートメントの白髪染めを使っているという方も多いようですから、リタッチにもオススメです。

通販で人気の白髪染めトリートメントは、ツヤツヤの髪にしてくれるということで評判もいいので、一度使ってみるといいでしょう。