白髪 女性

白髪染めをするようになる年齢は、人それぞれです。

同じ年齢でも白髪が少ない人もいますし、多い人もいます。

白髪があると、老けて見られるということで気にする方も多く、美容室で染めたり自宅で染めたりして対処することになるのですが、いつから白髪染めを使っているかという平均としては、30歳~35歳ぐらいとなっているようです。

白髪は一本・二本と少しずつ黒髪に混ざって生えてくる感じですが、加齢と共に増え続けることになりますので、徐々に周囲の目も気になりますし、気持ち的にも良いものではありませんよね?

年齢を重ねるごとに、髪の毛に色をつけるメラニン色素の働きが衰えてくるということも原因となっていますが、ストレスで白髪が増えてしまうというケースもあります。

人によって白髪染めをする時期は異なりますが、気にし始める年齢は30代が平均となっていますので、目立たないように白髪染めをして対処するといいでしょう。

現代は、女性の方が白髪が生える年齢が早くなっているという話もあります。

お洒落をすることに敏感な女性は、気になり始めたらすぐに白髪染めをしているかもしれません。

お洒落染めをしている女性は多いですが、お洒落染めを白髪染めに変えるかどうか悩むと思います。

後頭部は自分で見えませんので美容院へ行くときに相談してみるのもいいと思います。

妊婦さんはいつから白髪染めしてもいい?

妊婦さん

妊娠中はホルモンバランスが乱れて肌が敏感になるので、白髪染めはしないほうがいいと言われていますが、妊婦の方はいつから白髪染めをしていいのか疑問ですよね。

できるだけ早く白髪を目立たなくしたいと考えるはずなんですが授乳中もホルモンバランスは乱れていますので、産後すぐというわけにもいかないのです。

白髪が目立ってきて困っているという場合は、トリートメントタイプの白髪染めなら肌に優しいので安心して使うことができます。

頭皮についても問題ありませんし、素手で使えるので使いやすいと評判です。

一度できれいに染めることができる白髪染めでは、頭皮に刺激を感じたり、かぶれや湿疹ができてしまうことがありますので、妊娠中の白髪染めはNGとされています。

美容院で相談して、ノンジアミンやヘナで白髪染めをしてもらうということは可能だと思いますが、同じ姿勢でいなければなりませんので、体に負担がかかってしまうことになります。

妊娠中は同じ姿勢でいるのもつらい時期がありますから、できれば我慢したほうがいいでしょう。

白髪染めをすると胎児に悪影響?という疑問もあるんですが、直接的な影響はなくても体への負担はあるので、控えたほうがいいですね。

産後はいつから白髪染めをすることができる?

妊娠中は赤ちゃんにも体にも負担をかけないようにと白髪染めを我慢するという方もいらっしゃいますが、産後はいつから白髪染めをしていいか気になりますよね?

出産すると、またおしゃれを楽しみたくなりますし、白髪があると老けた印象になりますので早く染めたいと考える方も多いと思います。

産後もホルモンバランスが乱れたままの状態で、肌が敏感であることに変わりはありませんので、低刺激の白髪染めを使って染めていただくということが重要になります。

もともと敏感肌の方は、刺激の弱いものを使って染めるということに慣れているので、どういうものがいいか理解している方も多いはずなんですが、どんなものが使われているかという点で疑問があるなら、素手で使えるシャンプーやトリートメントタイプの白髪染めを選んで使ってみるといいでしょう。

素手で使える白髪染め

黒い髪を明るくすることはできませんが、白髪を染めることは可能です。

きれいに染めることができる脱色するタイプの白髪染めは、肌が強い方にもいい影響を与えませんので、使用する白髪染めの種類はよく選ぶようにしましょう。

妊娠中や産後は、肌が強い方も敏感になっているはずですから気をつけて下さい。

男性の白髪染めはいつから?平均は?

男性の白髪染め

白髪染めをする年齢は、男性も女性と同じ30代ぐらいなんですが、男性は白髪を気にしない方も多いと思います。

白髪が生えている場所にもよるかもしれませんが、いい感じに生えていればオシャレに見せることもできますので、人それぞれということになります。

男性も気にする方はいますので、自宅で簡単に染めることができる白髪染めを使っている方も多いんじゃないでしょうか?

髪全体を明るくすることができるブリーチタイプもいいんですが、髪へのダメージを考えると、ヘアマニキュアタイプの方がいいんじゃないかと思います。

男性は髪の毛へのダメージを気にする方が少ないようですし、髪の長さも短いので、自分で簡単に染めることができるという点で男性は簡単でいいですよね。

オシャレに気を遣う男性は、ちょっとでも白髪が生えると気になりぬいてしまうという方もいらっしゃいますので、シャンプーやトリートメントをしながら染まるという白髪染めを選んで使ってみるのもいいかもしれません。