お勧めしたいトリートメントタイプの白髪染め

トリートメントタイプのメリット

  • 頭皮、肌への刺激が少ない
  • 入浴時に使えて手軽
  • 白髪を染めながらトリートメント効果が得られる。髪の毛が痛みにくい

トリートメントタイプのデメリット

  • 髪を染める力が強くない(1~2週間で色落ちする)

白髪染めは種類が多いため、どれを使ったら良いのか悩む人は多いと思います。

また、肌の弱い人にとっては、薬剤の強い刺激が怖いという場合もあるでしょう。

そんな人にお勧めしたいのは、トリートメントタイプの白髪染めです。

従来の白髪染めには「硫化染毛剤」というものが入っています。

これは髪を染める力は強いのですが、人によってはかぶれる原因になってしまいます。

これに対し、トリートメントタイプの場合、ほとんどかぶれない成分で作られているので、現在、とても人気があります。

一番のメリットは、刺激が少ないこと。

頭皮にも優しいので、安心して使えます。

シャンプーの後にそのまますぐ使えるので、放置時間は必要ですが、それ以外の手間がかかりません。

そのため、手軽に利用する事ができるという魅力があります。

また、白髪を染めながらトリートメントできるというメリットがあります。

しかし、もちろんデメリットもあります。

トリートメントタイプに使われているのは、「塩基染料」や「HC染料」という成分です。

これらの成分は、刺激こそ少ないのですが、髪を染める力も強くないのです。

髪の内部までしっかり染める事はできないのです。

染まり方としては、髪の表面に付着するだけ。

そのため、1週間~2週間ぐらいで色落ちしてしまうので、継続的に使用する事が求められます。

また、人によって髪質が違いますので、染まりにくい髪質の人の場合は、「染まりにくい」または、「全く染まらない」という場合もあります。

さらに、白髪染めトリートメントで白髪は染まりますが、白髪ではない髪を変えることはできません。

徐々に染まるという感じの白髪染めトリートメントもあるので、一度できれいに染めたいという方には物足りないかもしれません。

白髪を早く染めたいという場合は、ブリーチタイプの白髪染めを使っていただき、根元の伸びてきた白髪は白髪染めトリートメントで少しずつ自然に染めるという感じで使うという方法もオススメです。

白髪染めをするたびに強い刺激のあるものを使うということはないと思います。

頻繁に染めるとなると、髪へのダメージは気になるはずですから、自然に少しずつ染めることができるという白髪染めトリートメントも使ってみるといいでしょう。

肌が弱い方は天然成分の白髪染めトリートメント

多くの種類があり、選ぶのに困ってしまうという白髪染めですが、市販されているものと、通販のものとに関わらず、トリートメントタイプの白髪染めは肌に優しいので安心して使うことができます。

色々なものを使ってみて比較するのもいいと思いますが、肌が弱い方は、天然成分にこだわってみたほうがいいと思います。

髪や頭皮へのダメージのことも考えて白髪染めを選ぶ方は増えています。

白髪を染めても、髪の毛が傷んでパサついていたりすると見た目が悪くなってしまいますので、髪の毛にできるだけダメージを与えない白髪染めトリートメントを購入し、安全に白髪染めをすることが大切ですね。

白髪染めトリートメントは敏感肌でも安心

白髪染めトリートメントは、敏感肌の人でも安心して使うことができて、かなり多くの方がお使いになっているようです。

自宅で簡単に染めることができるので、手軽さを実感しているはずなんですが、まだ使った事がないなら是非一度お試し下さい。

白髪染めをするとき、頭皮や手がかぶれることを心配する方も多いです。

頭皮がかぶれてしまうと、白髪染めをしても憂鬱な気分になってしまいます。

頭皮の状態が悪いのを放置するわけには行かず、皮膚科にいくというケースもありますから、肌に優しく安全に染められるものを選んで使っていただきたいと思います。

簡単に使える白髪染めトリートメントなら、気になるときにすぐ使えますので、白髪をしっかりお手入れすることができます。

白髪染めトリートメントは種類が豊富

白髪染めトリートメントは、種類が豊富でドラッグストアや通販で販売されていて、種類も豊富にあり、好みの色で選んだり、香りで選んでみるのもいいと思います。

髪にダメージを与えないように白髪染めをしたいという方は多いはずですし、アレルギーや肌が弱い方は、白髪染めを選ぶとき、とても慎重になると思います。

そういった方は、たくさんある種類の中から、肌に優しいものを選んで使うと思いますが、白髪染めトリートメントは入浴しながら簡単に使えますし、優しい成分となっていることが多いので、トリートメントタイプを是非チェックしてみて下さい。

白髪染めトリートメントはどんな成分が使われている?

白髪染めトリートメントは、種類によって成分が異なります。

一度で染めるブリーチタイプの白髪染めは、ジアミンやパラベンなどの成分が含まれており、髪や頭皮にダメージを与えてしまうのですが、トリートメントタイプの白髪染めには、そういった成分が含まれていません。

成分を気にしている方は、肌が弱いとか、アレルギーがあるという方が多いですが、白髪染めでかぶれてしまったりする方は、白髪染めトリートメントを購入する際もしっかりと成分を確認することが大切です。

通販で人気がある白髪染めトリートメントは、植物性の天然成分が含まれているということで多くの人から注目されています。

フコイダンや海草エキスなどの色を使用し、白髪を染めるという仕組みになっていますので、髪にダメージを与えず、健康な髪に導きながら白髪染めをすることができます。

髪の傷みを気にする方は、トリートメントしながら白髪を染めるという機能の白髪染めを、是非使ってみて下さい。

市販の白髪染めトリートメントのコスパや効果について

市販されている白髪染めトリートメントは、価格が安く手軽に購入できます。

1,000円程度で購入できるというのは大きな魅力だと思いませんか?

コスパが良く、効果も納得できるという声が多く、最近は通常のトリートメント代わりに使っているという方も増えています。

白髪染めトリートメントは口コミランキングで人気

白髪染めトリートメントは口コミでも人気があり、種類によってはランキングも上位となっているのでチェックしてみて下さい。

髪や頭皮に負担をかけないように白髪を染めることができるので、敏感肌の方やアレルギーの方に人気があります。

白髪染めトリートメントは入浴しながら使用することができるため、素手で使うことができるから簡単でイイ!と口コミ評価も高くなっています。

口コミランキングで上位のものは、天然成分をメインとしているもので、肌に優しく頭皮や髪を健康にするという特徴もありますので、使ってみたいと思っている方も多いはずです。

どれを選んだらいいか悩む方は、口コミランキングをチェックしてみると良いでしょう。

「色が選べる方が良い」と考える方もいらっしゃいますし、「真っ黒に染まるもの」、「少しずつ染まるもの」など、色々ありますので特徴をチェックしながらどれがいいか比較してみて下さい。

市販の白髪染めトリートメントと通販のものがありますが、どちらも注目度は高いようなので要チェックです!

白髪染めトリートメントの使い方やコツ

白髪染めトリートメントの使い方はとても簡単です!

髪の表面に色をつけるので根元までキレイに染めようと考えるなら、ヘアコームでしっかりと塗布することが大切です。

いつものトリートメントのように、ただ塗るだけでは根元までしっかり染めることができなくなってしまいます。

根元に伸びてくる白髪が気になる方は白髪染めトリートメントの使い方のコツとして、塗布後に温めるといいでしょう。

根元までキレイに塗布したあとは、ラップやシャワーキャップを巻いて放置します。

また、白髪の量にもよりますが、最初の段階は数日連続で使うとキレイに染めることができます。

放置時間を長くしても髪にダメージを与えるということはほとんどありませんので、色持ちするように長めに放置するのもいいでしょう。

白髪染めトリートメントを使う頻度はどれぐらい?

白髪染めトリートメントを使う頻度は、使う種類によって異なります。

  • 毎日使う
  • 1週間~2週間おきに使う
  • 気になるときに使う

主な頻度はこのような感じになりますが、毎日使うことができる白髪染めトリートメントは、ちょっとずつ、自然な感じで染まるという仕組みになっていることが多いので、即効性を求める方には物足りなく感じられてしまうかもしれません。

使う頻度によって、染まり具合が異なると考えることができます。

白髪染めトリートメントは、基本的には髪の毛の表面に色をつけますので、どのぐらい色がついたか確認して、自分自身で使用頻度を決めてもいいと思います。

トリートメントタイプの白髪染めを使う頻度については、個人差があるということになります。

個人個人の髪質によっても染まりやすさが違います。

1回で目立たなくなる方もいれば、連続して使わないと染まらない方もいるので、種類によって違う使用頻度は気にせず、自分でチェックしながら気になるときに使うといいでしょう。

白髪染めトリートメントと他の白髪染めの併用は可能?

白髪染めトリートメントと、タイプの違う白髪染めを併用することはできるのかという疑問をお持ちの方がいらっしゃいますが、まずはブリーチタイプで染めて、その後に白髪染めトリートメントを使うという感じで使う方も結構多いようです。

毎回強い刺激を与えることは、髪へのダメージが気になりますから、美容院で白髪を染めたり、自宅で白髪染めをした後は、トリートメントタイプの白髪染めを使って生え際を隠していくという感じで併用していただければ、白髪は気にならなくなります。

白髪は、染めてもすぐに伸びてきますから、自分で染めたほうがコスパがいいと考える方が多く、白髪染めトリートメントは髪の毛にハリやツヤを与え、とてもキレイな仕上がりにしてくれて、傷んでいる髪も修復しますので一石二鳥です。

髪のダメージを気にしながらも白髪染めをする方には、白髪染めトリートメントがオススメされていますので、一般的な白髪染めと併用しながらキレイな髪を維持するようにしましょう!

男性用の白髪染めトリートメントは何が違う?

男性用の白髪染めトリートメントは、何が違うのか気になりませんか?

男性用と女性用で分かれていることに気付いたら、男性と女性では染まり具合が違うのか気になりますよね?

女性用とか男性用を気にせず使っていたという方も多いと思いますが、男性用の白髪染めトリートメントも女性用も成分は同じです。

違いがあるとすれば、それぞれの香料です。

女性用の場合、良い香りがするものが多く、男性用は無香料となっている場合も多いです。

このような違いがあるだけです。

しかし、男性は女性用のような香りを好む方もいます。逆に男性用のものを好む女性もいます。

白髪染めをした事に気付かれるということを気にする方もいらっしゃいますから、白髪染めトリートメントをお探しになる場合は、香りに注目してみるといいでしょう。

男性用にもローズの香りやフローラルの香りという感じのものもあります。

白髪染めが終わっても香りが残ることになりますので、気になる方は無香料の白髪染めトリートメントを探してみるといいでしょう。