白髪を見つけるとついつい抜きたくなってしまう人もいると思います。

初めて白髪を発見した時は、びっくりして抜いてしまったり、「まだまだそんな年齢じゃないのに…」と驚く方も多いはずです。

白髪を抜くと、かえって増えるという噂もありますが、一度見つけた白髪を放置する事はできません。

ですが、白髪を抜くと増えるという噂は本当でしょうか?

調整

白髪は抜くと増えるものではない

結論から言うと、白髪は抜くと増えるものではないです。

「抜くと増える」という科学的、医学的根拠は全くないです。

しかし、増えないからと言って、白髪を無理に抜くという行為はよくありません。

無理に抜いてしまうと、頭皮や毛根にダメージを与えてしまうことになりますから、抜くのはやめたほうがいいということになります。

抜きたいと思うのであれば切って対応した方がいいです。

また、ある程度白髪が増えてしまい大部分を切る、というわけには当然いきませんので、白髪染めで隠すという方法もありますので、抜かない、切らないようにすることも大切です。

白髪は抜くよりも隠すことを意識する

白髪が生え始めると、年齢より老けて見られる事もあり、かなり気にする人は多いです。

特に女性の場合は顕著です。

ですが、人も年齢を重ねると精神的、そして肉体的変化はつきものです。

年々増えてしまう白髪を、切ったり、抜いたりと「無くす」ことを考えるよりも、「隠す」ことを意識した方が良いです。

少ない白髪なら、サッと隠せる部分染め用の白髪染めもあるので悩みを解消する事ができます。

全体的な白髪ではなく、一部分だけの白髪の場合は、隠すのが一番簡単なので、部分染めができる白髪染めでケアするといいでしょう。

少ない白髪だと、抜いてしまった方が早いと考える方もいますが、それはやめて白髪染めを使うようにしましょう。

白髪染め

白髪を抜くと薄毛になってしまう?

また、白髪を抜くと、毛根を傷めてしまい、薄毛(ハゲ)になってしまうこともあるため、抜かない方がいいです。

白髪であっても正常な毛根から生えている毛髪です。抜くことで正常な毛根にダメージを与えてしまい、そのダメージが蓄積されていくと、徐々に髪の毛が生えてこなくなるのです。

また、当たり前ですが、抜き続ければ髪の毛は少なくなってしまいます。

白髪も髪の毛の一部なので、それだけの本数を抜いてしまうと、薄くなってしまうのは時間の問題ですよね。

少ない白髪は簡単に切ったり、抜いたりできるため、やってしまいがちですが、部分的にケアする方法もあります。

今まで白髪を抜いていた方も、頭皮にダメージを与えないようにする事を最優先に考えましょう。

白髪を抜く癖はどうやって直す?

白髪を抜くのが癖になっている方って結構多いと思います。

見た目を気にして、抜いていた方が、いつの間にか白髪を抜く癖がついてしまうと、簡単にはやめられなくなってしまいます。

鏡があるとすぐに白髪を探してしまうという方は、やはりこういった場面でも白髪を探せなくするのが一番の方法ではないでしょうか?

白髪染めをすると、白髪がどこにあるのかわからなくなりますので、抜く癖を直すことはできると思います。

白髪を抜く癖をどうにかしたいと考えいているなら、まずは白髪染めをしてみて下さい。

少ない段階の白髪は切るのが一番

白髪の数が少ないうちは、やはり根元から切ってしまうのが一番だと思います。

白髪は、ストレスや疲労が原因で短期間で増えてしまうこともありますが、少しずつ増えてくるのが一般的です。

少ない白髪を隠すために、白髪染めに時間をかけたり、髪の毛に白髪染めによるダメージを与えるというのは良いとは言えませんから、白髪が生えてきたら切るという方法が一番良いので、切って目立たないようにしましょう。

1本見つけたら「もっとあるんじゃないか」、「これからどんどん増えるんじゃないか」と不安になってしまうこともあると思いますが、数の少ない白髪の場合は見つけたら切るという方法で対処してみて下さい。

白髪を抜くメリットってあるの?

それでも白髪を抜くという方はいると思いますが、白髪を抜くメリットって何でしょうか?

無理に抜けば痛いはずですし、抜いてもまた次に生えてくるのは白髪ですから、抜く意味は全くないと思います。

老けて見られてしまうという人もいらっしゃいますが、抜くことで悩みを解消することはできるんでしょうか?
「生えてきたら抜く」の繰り返しで、逆にストレスを感じてしまいませんか?

生えてくる白髪が1本だけならストレスにはならないかもしれませんが、どこかしらに生えてくるという感じになると、その都度抜くということ繰り返すのは精神的にもいいとは言えません。

さらに、抜いて頭皮や毛根にダメージを与えてしまうのも良くないので、抜くということに何のメリットもないということを理解し、今まで白髪を抜けば生えてこなくなると思い込んでいた方も白髪は抜かず、美容室で白髪染めをしたり、自分で染めたりして紛らわせるようにするといいでしょう。

白髪を抜くと白髪が生えてこなくなる?

白髪は抜くと生えてこなくなると思っていませんか?抜けば生えてこなくなるなら、毛穴はふさがるんでしょうか?

黒い髪の毛に戻ると考える方もいらっしゃるかもしれませんが、白髪は抜いても同じところから白髪が生えてくるというのが一般的に知られています。

もしかしたら抜いたら次に生えてくる毛は白髪じゃないかもしれないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえそうだったとしても、無理な力を加えて抜くのはよくありません。

髪の毛というのは成長期・退行期・休止期という生え変わりのサイクルがありますので、自然に抜けるのを待つのが一番です。白髪として生えてきた毛も、そのうち抜けます。

抜け毛

抜けたあとに新しく生えてくる毛がしっかりとした黒色ということもありえないわけではありませんし、白髪を抜いてみたら根元は黒かったというようなこともありますので、抜かないようにしましょう。

白髪を抜けば黒髪が生えてくると思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、髪の毛を黒くするメラニン色素の働きが弱まってしまうと回復しないと言われていますので、白髪は抜いても次に生えてきても白髪ということになります。

白髪を抜くのは痛い?痛くない?

白髪を抜いたことがない方は、白髪を抜く方に痛くないの?と思っていませんか?

痛くないから抜くのかな?と思っているかもしれませんが、白髪も普通の黒い髪と同じように生えていますから、引っ張って抜くと痛いのは当然です。

引っ張る

痛くないという方もいらっしゃるみたいですが、毛根が弱ってしまっている可能性もあります。白髪を引っ張って抜くと、気持ちいいという方もいらっしゃるようですが、痛いのに慣れてしまい、感覚が麻痺してしまっているのではないでしょうか?

抜くつもりはないけど、気付いたらつい抜いてしまっているという方もいらっしゃるかもしれませんが、抜けば髪の毛が生えてこなくなると考えていただければやめることができると思います。

白髪を抜くと、気持ちいいとかすっきりするという方もいらっしゃいますが、頭皮にも毛根にもダメージを与えることになります。そんなこと全く気にせず抜き続けている方も、そのうち髪の毛が生えてこなくなります。髪の毛が薄くなって後悔しても遅いので、白髪を抜くというよくない行為は早くやめるようにしましょう。