白髪はキレイに染めても、髪が伸びれば、生え際からまた白髪が見え隠れするので困ります。

白髪染めの頻度や間隔については個人差がありますが、どのくらいの間隔、頻度が自分にとってベストなのでしょうか?

白髪染めは髪が傷むのも気になるので、頻繁に染めるとなると、かなり不安です。

髪を傷めず染めるには、どのぐらいの頻度で染めるのが目安でしょうか?

白髪染めを自宅で行う頻度と間隔について

自宅で白髪染めをする場合は、市販の2剤式のヘアカラーを使用する方も多いのですが、即効性のある白髪染めは、強い薬剤を使用し、頭皮や髪に負担がかかり過ぎます。

頭皮や髪にダメージが残ってしまうので、頻繁に使用する事はオススメできません。

使用頻度は1ヶ月から2ヶ月に1回ぐらいの間隔でやるのが理想的です。

髪が伸びて白髪が目立ち始めることを考えれば、何となく理解できると思います。

また、少しずつ目立ってくる生え際の白髪に関しては、部分染めや白髪隠しで対処する形になります。

ですが…、

※お出かけ前にサッとひと塗り:利尻白髪かくし

「白髪は、染めても髪が伸びれば、生え際から出てくるので気になったらすぐ染められる簡単な白髪染めを使いたい…」

そう思う方におすすめなのが、シャンプーやトリートメントタイプの白髪染めです。

シャンプーやトリートメントタイプなら、毎日のお風呂やシャワーで手軽に使えるタイプがほとんどで、また面倒に感じる白髪染めの事前の準備が必要なく、いつもの洗髪で白髪を目立たなくするからとても便利です。

シャンプーやトリートメントタイプということで、もちろん一般的な白髪染めよりも刺激がなく、頭皮や髪を傷めることなく染め上げます。

ムラなくキレイに染めることができる白髪染めや、セルフケアでも髪にダメージを与えない優しい成分の白髪染めを選ぶといいでしょう。

染めチャオ♪おすすめの無添加白髪染め

美容室で白髪染めをする頻度と間隔・色持ちや仕上がりについて


また、美容室で白髪染めしてもらうという人もいるでしょう。

美容室でキレイに染めてもらうのも良いですが、白髪が増えて染める間隔が狭くなってくると、何度も通うことになり、金銭面でも大変です。

もちろん、白髪が目立つたびに美容室でリタッチしてもらえば、仕上がりや色持ちには満足できます。

美容室で白髪染めをするメリット

  • 髪にダメージを与えないように染めてくれる
  • 準備や片付けが不要
  • 衣類が汚れる心配がない

こういうことから、美容室での白髪染めをオススメする場合もあるのですが、どんなにキレイに染めても、髪の毛は徐々に伸びてくるものなので、生え際や根元の白髪が気になります。

染める回数が頻繁になり、髪にも頭皮にも負担をかけることになり、さらにお金も時間もかかりますから本当に悩みどころです。

また、美容室を予約するとなると、無理して時間を合わせなければならない場合もあるので、思い立ってもすぐに白髪染めができないのもデメリットもあります。

さらに、すぐに染めてもらえたとしても、数時間かかってしまうとケースもあります。

時間をかけず、自分で手軽に使用できる低刺激タイプの白髪染めでケアする方法もあるので、髪に優しい白髪染めを探し、使用してみるのもオススメです。

白髪染めが必要な年代はいくつぐらい?使用頻度は違うの?

白髪染めをしている方の中には、周囲が気付かないような白髪をとても気にしている方もいますし、加齢による白髪の方ばかりではありません。

  • 遺伝性
  • ストレス性
  • 生活習慣によるもの
  • 紫外線の影響

白髪はこういった原因があります。

加齢による白髪の場合は、30代後半ぐらいから少しずつ増えますが、10代・20代で若白髪に悩まされる方もいます。

年齢別で白髪染めの方法が変わるわけではありませんが、ヘアサロンで白髪染めをすると金銭面で負担がかかってしまうこともあるので、誰でも簡単に自宅染めができる白髪染めを使ってみるのがオススメです。

白髪染めを使用する頻度については、髪が伸びるスピードによって違うので、白髪染めの方法や種類によっても異なります。

白髪があるだけで気持ちが沈んでしまう方も多いので、髪や頭皮にダメージを与えず、ムラなくキレイに染めて、色持ちのいい白髪染めを探してみるといいでしょう。

髪のダメージを修復する効果のある白髪染めも増えているので要チェックです。

妊娠中の女性が白髪染めをする頻度

妊娠中の白髪染めは、母体や胎児への影響も気になるので、できるだけ控えた方がいいと思います。

妊娠中でもオシャレに気をつけたい女性は多いはずなんですが、白髪染めをする事によって体調を悪くしたり、アレルギー反応(かゆみ・かぶれ)が出るケースも考えられます。

さらに、普段、肌トラブルのない方が、妊娠中の白髪染めで過剰な反応が出てしまうケースもあるので注意が必要です。

白髪染めに含まれている科学成分が皮膚に浸透し、毛細血管を通して様々な部分に運ばれますから、胎児に影響がないと言い切る事はできません。

美容室なら優しい白髪染めを使ってくれたりしますが、長時間の同じ体勢も身体への負担になりますから、気をつける必要があります。

白髪染めをしても、髪はすぐ伸びます(×_×)

2週間もたてば根元にチラホラ見えてくるので、気になると頻繁に染めなければならないと考える方もいますが、母体や胎児に負担がかかることを考えれば、妊娠中の白髪染めは控えるべきです!

白髪染めの種類によっては、天然成分配合・無添加の肌に優しいタイプがありますので、オシャレを気遣う女性は敏感肌でも安心な白髪染めを選んで使ってみるといいでしょう。