Q&A

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いについて 染まり方は違うの?

更新日:

どっち?

白髪染めを自宅で行う場合、ドラッグストアやコンビニなどで販売されているヘアマニキュアやヘアカラーを使用すると思うんですが、どちらを使おうか悩みませんか?

どちらも同じだと思っている方もいるようですが、ヘアカラーとヘアマニキュアは髪の染め方や色持ちに違いがあります。

ヘアマニキュア髪の毛専用のマニキュアなので、髪の表面に色素を吸着させます。
ヘアカラー髪の毛の色を脱色して、髪の内側にも色を染み込ませて染めます。

どちらもキレイに染まりますが、ヘアカラーは脱色し、キューティクルを開いて染めるので、ダメージを与えてしまうことになります。

ヘアマニキュアは、傷んだ髪の毛を保護しながら染めるので、髪への影響が気になる方は、マニキュアタイプがオススメ!

白髪染めの色持ちに不満を感じる方は、色持ちの良いヘアカラー。
髪が傷むのを心配する方には、へマニキュア。

髪や頭皮にダメージを与えることなく、優しさを重視するなら、トリートメントタイプの白髪染めが安心です。

人気の白髪染めトリートメント、ルプルプ

調整

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いは何?

考える女性

ではその違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

ヘアカラーとヘアマニキュア、どちらも髪の毛を染める方法ではありますが、ヘアカラーは酸化染毛剤といって、髪の毛のキューティクルを開き、髪の毛の内側から色を入れるという形になり、それが髪にダメージを与えることになります。

ヘアマニキュアは、その名前のとおりマニキュアですから、髪の毛の表面に色をつけるという仕組みになりますので、髪へのダメージは少ないです。

ヘアカラーで染めるのと同じようにもともとの髪の色よりも明るくすることはできないのですが、ヘアマニキュアならダメージなく髪を染めることができます。

ヘアカラーやヘアマニキュアの区別ができず、髪の毛を傷めてしまっていたという方も多いはずです。

色持ちに関しては、やはり髪の毛の内側から染めるヘアカラーのほうが色持ちが良く、きれいに色をつけることができ、地毛よりも明るさを出すことができます。

しかし、髪を傷めないようにすることを考えると、髪の毛を保護しながら染めることができるヘアマニキュアの方が安心です。

髪へのダメージを考えている方は、ヘアマニキュアで染めることをオススメします。

ヘアカラーとヘアマニキュアを併用することは可能?

ヘアカラー

ヘアカラーとヘアマニキュアの併用は大丈夫なのかな?

…という疑問もあるようですが、根元の伸びてきた髪の毛はヘアマニキュアで染めて併用するということは可能です。

毎回毎回、ヘアカラーで染めるとなると、髪の毛だけではなく頭皮にもダメージを与えることになり、白髪を増やしてしまうことにも繋がりかねません。

ヘアカラーで全体染めをして、根元に白髪が見え始めたらヘアマニキュアで部分染めするという方法で、髪を保護するといいでしょう。

ヘアカラーとヘアマニキュアは値段に差がある?

OK

ヘアカラーとヘアマニキュアは、ドラッグストアなどで購入することができますが、1,000円以下で手軽に購入することができます。

ヘアカラーで染めて、ヘアマニキュアでキレイな状態をキープするという方法で使っている方もいらっしゃいますが、最近はトリートメントしながら白髪を染めることができるヘアカラートリートメントも人気があり、数多くの種類から選ぶことができます。

トリートメントタイプの白髪ケア、利尻白髪トリートメント

お金をかけたくないから自分で髪の毛を染めるという方も多いはずですが、美容室でやるものとは違い、値段の安いヘアカラーやヘアマニキュアならお得感があります。

美容室で白髪染めをするとなると、数千円というお金がかかってしまいますが、自分で染めれば1,000円以下なので、経済的なことを考えると自分で染めたほうがいいと考える方も多いのではないでしょうか?

手が汚れる、準備や片付けが面倒という点はデメリットではありますが、コスト的に考えると、自宅で自分で染めるという方法が一番だと考えることができます。

白髪が伸びるのは意外と早く、伸びてきたらすぐに美容室で染めるという感じになると、経済的な負担はかなり大きくなります。予約も必要になりますし、美容室で髪を染めるととても時間がかかってしまいます。

値段にも大きな差がありますので、白髪を目立たなくしたいという悩みはヘアカラーやヘアマニキュア・ヘアカラートリートメントなどで解消するといいでしょう。

ヘアカラーとヘアマニキュアはアレルギーでも大丈夫?

では、アレルギーの人に安全なのかどうか気になりませんか?

肌が弱くてかぶれやすいという方は、ヘアカラーのような強い薬剤を頭皮に付着させてしまうと、肌荒れしてしまう可能性が高いです。

アレルギー体質の方は、ジアミンという成分が合わないことが多いので、ヘアカラーは使わずに、安全性の高いヘアマニキュアを使いましょう。

ヘアマニキュア

また、ヘアカラーに含まれている、髪の毛を脱色するための酸化染料が、頭皮や髪の毛にダメージを与えます。

肌が弱くても美容室の白髪染めならかぶれることはないのかといえば、そんなことはありません。

美容室で使っている染毛剤でかぶれてしまったりすることはありますので、肌に優しく白髪を染めることができるヘアマニキュアを使うようにしましょう。

白髪染めは色持ちの良さも重要だと思いますが、肌や髪の毛にダメージを与えるのはよくありませんので、白髪染めの種類もしっかりと選舞踊にしていただきたいと思います。

ヘアカラーとヘアマニキュアを混ぜて使うことはできる?

混ぜる

ヘアカラーとヘアマニキュアを混ぜて使うという発想をする方は少ないと思います。

ですが、ツヤのある仕上がりになるということで、ブリーチ剤にヘアマニキュアを混ぜて使う方もいらっしゃるんです。

ヘアカラーは脱色して色を入れるという仕組みですが、その薬剤にヘアマニキュアの保護成分をプラスすると、髪へのダメージを減らすことができます。

髪を傷めてしまうことを考えると、ヘアカラーを使うのは避けたほうがいいといわれていますが、ヘアマニキュアを混ぜて使用することによって髪へのダメージを抑えることができるので、髪の毛の色を明るくしたいけど傷むのはイヤだという場合は混ぜて使うという方法を試してみるといいかもしれませんね。

-Q&A

Copyright© 【白髪染めおすすめランキング2018年版】タイプ別白髪染め比較-染めチャオ , 2018 All Rights Reserved.